シントトロイデン


2017年11月に日本の企業
DMMグループが買収した
ベルギー1部に所属している
サッカークラブは?
トンシデンロイト
シントトロイデン(答)
25%

067atToeZsJmc
ベルギーのプロサッカー
1部リーグの名称は
◯◯◯◯◯・リーグ?
マクエラン
ジュプリー
ゴリピタタ
ジュピラー(答)
「ジュピラーリーグ」
引用元:「ジュピラー(インベブのブランド)」リーグ ベルギーのサッカー1部リーグ アンハイザー・ブッシュ・「インベブ」 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/9947/

シント=トロイデンVV (オランダ語: Koninklijke Sint-Truidense Voetbal Vereniging) は、ベルギー・リンブルフ州シント=トロイデンを本拠地とするサッカークラブである。現在はベルギー・プロ・リーグ (1部) に所属している。

歴史
1924年創設。ベルギー・プロ・リーグ (1部) とベルギー・セカンドディビジョン (2部) を昇降格を繰り返すエレベータークラブ。

2015年、1部に5度目の昇格を果たす。

2017年11月15日、日本のECサイトを運営するDMMグループが経営権を取得したことを発表した。[1]

2018年1月、アビスパ福岡からDF冨安健洋を獲得。
引用元:シント=トロイデンVV – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%9D%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3VV

シント=トロイデン(オランダ語: Sint-Truiden、オランダ語発音: [sɪn ˈtʀœydə])またはサン=トロン(フランス語: Saint-Trond、フランス語発音: [sɛ̃ tʁɔ̃])は、ベルギーのリンブルフ州にある都市であり、また基礎自治体である。ハッセルトやトンヘレンに近い。基礎自治体はアールスト (Aalst)、ブルステム (Brustem)、ドゥラス (Duras)、エンヘルマンスホーフェン (Engelmanshoven)、ヘリンデン (Gelinden)、ホルセム (Gorsem)、フロート=ヘルメン (Groot-Gelmen)、ハルマール (Halmaal)、ケルコム=ベイ=シント=トロイデン (Kerkom-bij-Sint-Truiden)、メルフェレン (Melveren)、オルディンヘン (Ordingen)、ルンケレン (Runkelen)、フェルム (Velm)、ヴィルデレン (Wilderen)、ゼッペレン (Zepperen)の各村落を併せて設けられた。
引用元:シント=トロイデン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%EF%BC%9D%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3

1999年の設立以降、ネット事業を中心に飛躍的な成長を遂げ、現在では数々の斬新な事業で注目を浴びている株式会社DMM.com(以下DMM)が、なんと欧州サッカークラブを買収し経営に乗り出す――昨年11月、驚きをもって報じられたベルギー1部リーグ、シントトロイデンの経営権取得。なぜスポンサー契約ではなく買収なのか? なぜベルギーリーグなのか? しかもアンデルレヒトやヘントといった強豪ではなく、日本での知名度が高いとは言えないシントトロイデンなのか? 次から次へと疑問が湧いてくる決断の真意を、同社の取締役でありシントトロイデンの会長に就任した村中悠介氏に明かしてもらった。

――単刀直入に、DMMがシントトロイデンを買収した狙いを教えてください。

「今回、私たちはクラブを買収したわけですが、ニュースを耳にして『スポンサーになるなんて凄いですね』と声をかけていただくことが少なくありません。日本の常識的に、海外クラブを買収したのではなくスポンサーになったのだと勘違いされているんです。ですから、私たちは(日本の)親会社のようにスポンサーとして資金を提供するだけではなく、自らクラブを経営していくんだ、ということをまずわかってもらいたいですね。

 DMMでは現在、40ほどの事業を取り扱っており、もちろんそのすべてを事業として軌道に乗せていくことを前提に活動しています。つまり、広告としての効果を得られれば採算は度外視というスタンスでやっている事業は一つもない。すべて収益化を目指しているんです。ただ、その中にも昔からある動画サービスのように、すでに最大化しているものをさらに伸ばしていくフェーズの事業もあれば、0から1を作り出そうとしている段階の事業もある。いろいろあるわけですが、中でも私たちの会社は事業の立て直しであったり、あるいは新しい事業を生み出していくことが好きだし、得意だと思っていて、常に新しい事業のリサーチを進めています。

 そうやって様々な分野を調査していく中で、もちろんすべてのサッカークラブの財務状況を見たわけではありませんが、事業として十分に軌道に乗せることができる、という結論に達し投資を決めたんです」

――欧州に数あるリーグの中で、なぜベルギーを選んだのでしょうか?

「今、世界のサッカー界では多くのクラブが、世界中からタレントを集めようと注力していますよね。その点、ベルギーリーグにはほぼ外国人枠がありません。それから、国によって違うのですが制度的に外資の受け入れ態勢も整っている。やるなら1部リーグじゃなきゃ駄目だな、というのもありました。資金的な余裕があるならスペインやイングランドに行きたいという気持ちはありますけど、そうやって多角的に見ていくと選択肢は狭まってきます。

 (欧州のリーグで)外国人枠の制限が比較的緩和されているオーストリアとポルトガル、そしてベルギーが候補になりました。そのうちベルギーはEUの本部があるしっかりとした国ですし、地理的にもフランス、ドイツ、オランダに囲まれていてイングランドも近いので、多くのスカウトが試合を見に来ています。さらに、(国土が比較的狭いため)国内の移動が容易です。試合日はすべてバスでの当日移動で済み、飛行機代も宿泊費もないのは結構大きい。遠征費がかからないのでチーム予算は抑えられ、経営はコンパクトにやれるんです」

――事業として勝算があるところという判断なんですね。そのベルギー1部の中でシントトロイデンというクラブを選んだわけですが、特に可能性を感じたのはどういった部分だったのでしょうか?

「伸びしろがあり、上を狙えるクラブだと考えています。3年くらい前に2部から1部へと昇格して、毎年着実に順位を上げてきている(第21節時点で6位)。そうやって成長しているクラブでないと厳しいなというのはありました」
引用元:あのDMMがなぜ!?日本企業がベルギーのクラブを買収したワケ | footballista https://www.footballista.jp/interview/41572