千葉県一宮町釣ケ崎海岸


2020年の東京五輪で
サーフィンの会場となる
釣ヶ崎海岸があるのはどこ?
千葉県をタッチ(答)
57%

2020年東京五輪のサーフィン会場に、千葉県一宮町の釣ケ崎海岸が決まった。神奈川・湘南に比べ知名度は低いが、人口約1万2500人の町には「世界最高レベル」ともいわれる良質な波を求めて年間60万人のサーファーが訪れ、移住者も絶えない。「一宮をサーフィンの聖地に」。地元関係者は夢を膨らませた。【渡辺暢】
引用元:東京五輪:「サーファーの聖地に」千葉・一宮に会場決定 – 毎日新聞 https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20161208/k00/00e/040/237000c

一宮町のみなさん、全国のみなさん、こんにちは。

2020年東京オリンピックのサーフィン競技が、一宮町の釣ヶ崎海岸で行われることが正式に決まりました。これは、一宮町の歴史に新たな輝かしい1ページを添えることです。一宮町の町長として、大変光栄に存ずる次第です。この決定は、ひとえに、これまでさまざまに招致の活動をしてこられた皆さんのご尽力の賜物です。関係諸氏に、深く敬意と感謝の念を表させていただきます。

 これから、様々な課題があろうかと存じます。しかしなんといっても、選手の方々を中心として、どなたにも「素晴らしい五輪だった」といって頂けるような五輪を目指してゆかなければなりません。わたくしも精一杯の努力をいたしますので、町のみなさん、そして全国のみなさん、是非とも応援・お力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。1964年の東京オリンピックに匹敵する、そしてさらにその上を行く素敵なオリンピックの実現に向けて、ご一緒に全力で頑張って参りましょう!

一宮町長 馬淵昌也
引用元:東京五輪サーフィン競技会場が釣ヶ崎海岸に決定しました! | 一宮町役場 http://www.town.ichinomiya.chiba.jp/machizukuri/2/409.html