イギリス、アメリカ、日本、ジャマイカ


次の国を、2017年の
世界陸上選手権男子
4×100mリレー決勝で
順位が良かった順に選びなさい
イギリス
アメリカ
日本
ジャマイカ
30%

日本男子が銅メダル、世界陸上400リレー ボルト棄権
2017/8/13 6:10 (2017/8/13 6:32更新)
 【ロンドン=共同】陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平(関学大)飯塚翔太(ミズノ)桐生祥秀(東洋大)藤光謙司(ゼンリン)の日本は38秒04で3位に入り、大会史上初の銅メダルに輝いた。昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルに続く表彰台で、今大会の日本勢で男女を通じて初のメダル獲得となった。

 ジャマイカは現役最後のレースで第4走者を務めたウサイン・ボルトが脚を痛めてゴールできず、5連覇はならなかった。英国が37秒47で初優勝し、米国が37秒52で2位だった。
引用元:日本男子が銅メダル、世界陸上400リレー ボルト棄権  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040001_T10C17A8000000/

2017年世界陸上競技選手権大会における男子4×100mリレー(2017ねんせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかいにおけるだんし4かける100メートルリレー)は、イギリス・ロンドンのオリンピックスタジアムを会場に、2017年8月12日に予選及び決勝が行われた[1]。開催国イギリスが37秒47のヨーロッパ記録[2]で優勝して金メダルを獲得し、次いでアメリカ合衆国が銀メダル、日本が銅メダルを獲得した[3]。このレースは、世界陸上史上最多の11個の金メダルを獲得したジャマイカ代表の短距離走者であるウサイン・ボルトの現役最後のレースとしても注目を集めた[4]が、ボルトはレース中に左脚を痛め、ジャマイカは途中棄権に終わった[5][6]。
引用元:2017年世界陸上競技選手権大会・男子4×100mリレー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2017%E5%B9%B4%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%83%BB%E7%94%B7%E5%AD%904%C3%97100m%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC