アンディ・「シーツ」


2003年と2004年は広島で
2005年から2007年までは阪神で
プレーした外国人打者は
アンディ・◯◯◯?
シーツ
ウッス
ロペズ
シーツ(答)
33%
Andy Sheets

アンディ・シーツ(Andrew Mark “Andy” Sheets, 1971年11月19日 – )は、アメリカ合衆国・ルイジアナ州バトンルージュ出身の元プロ野球選手(内野手)。

現在は阪神タイガース駐米スカウト。

広島時代
2003年に広島東洋カープに入団。前年カープの失策数は12球団ワーストと守備が課題であり、その強化として期待された。しかしシーツは華麗なグラブさばきをみせることもあったものの雑なプレーも目立ち、14失策を記録。しかしながら打撃で貢献[1]。退場者2名を出すなどもつれた試合となった6月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦では初のサヨナラホームランを放つ[2]など長打力も発揮し、開幕当初は2番打者だったが、後半戦からは不振の新井貴浩に代わって4番打者を務めた。

2004年オフ、シーツは広島球団に2年総額350万ドル以上の複数年契約を要求した[要出典]が、広島がこれに応じなかったため自由契約となった。これに対し、阪神がすぐに獲得を表明し、福岡ソフトバンクホークスとの争奪戦の末、2年総額400万ドル+出来高払いで契約した。阪神は横浜ベイスターズを退団したタイロン・ウッズの獲得を目指していたが、中日ドラゴンズと争奪戦になり、マネーゲームの末中日に敗れていたことがシーツ獲得の背景にあった。

阪神時代
阪神に移籍後は主に一塁手を務め、ショートバウンドの送球処理や一塁のベースカバーに入る投手へのトスの上手さ、また、一塁線への痛烈な打球を処理して併殺を奪うなど、守備面で高く貢献した。2005年から3年連続でゴールデングラブ賞を獲得している。打撃面でも主に3番に座り、2005年7月26日の対巨人戦(東京ドーム)では自身初の1試合3本の本塁打を放つなど、主力選手としてこの年のチームのリーグ優勝に大きく貢献した。

2006年もリーグ2位のシーズン180安打を記録するなどコンスタントに活躍し、オールスターゲームにも選出された。

2007年は、開幕から10試合連続安打を放つも、その後深刻な打撃不振に陥り二軍降格も経験。今岡誠の離脱により三塁手でのスタメン出場が多く、今岡の復帰後は再び一塁手に戻った。結局この年は来日後ワーストの成績に終わり、11月、高年俸や高齢を理由に自由契約になった。その後、「愛する阪神タイガース以外でプレーする気はない」と言い、現役を引退。同時に外国人担当打撃コーチ就任も打診されたが、しばらくはアメリカで子どもたちといたいという本人の希望から見送られた。
引用元:アンディ・シーツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%84