スチュワート・「シンク」


2009年の全英オープン選手権で
メジャー初制覇を果たした
アメリカのプロゴルファーは
スチュワート・◯◯◯?
ンミニシ
クルータ
シンク(答)
17%
スチュワート・シンク
Stewart Cink

スチュワート・シンク(Stewart Cink, 1973年5月21日 – )は、アメリカ・アラバマ州ハンツビル出身の男子プロゴルファー。2009年の全英オープンゴルフ優勝者になった選手である。世界ゴルフ選手権シリーズでも2004年のNECインビテーショナルで優勝経験があり、アメリカを代表するプロゴルファーの1人として活動してきた。これまでにPGAツアーで2009年全英オープンを含む6勝を挙げ、国際試合では1996年と1999年に「メキシカン・オープン」で2勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年7月)。身長193cm、体重93kgの大型選手。

2008年2月、シンクは世界ゴルフ選手権シリーズ第1戦のアクセンチュア・マッチプレー選手権で初の決勝に勝ち進んだが、世界ランキング1位のタイガー・ウッズに 8 アンド 7 の大差で完敗し、準優勝に終わった。それからマスターズで自己最高の3位に入り、6月の「トラベラーズ選手権」で4年ぶりのPGAツアー5勝目を挙げる。2009年の全英オープンで、スチュワート・シンクはついに宿願のメジャー大会初優勝を達成した。開催コースはスコットランド・ターンベリーにある海沿いの「アイルサ・コース」(パー70)であった。シンクは4日間通算 2 アンダーパー(-2, 66+72+71+69=278ストローク)のスコアで回り、26年ぶり6度目の優勝を目指した59歳のトム・ワトソンとプレーオフを戦った。全英オープンのプレーオフは(途中経過いかんにかかわらず)4ホールで行われるが、シンクはプレーオフでミスを重ねたワトソンを退け、メジャー初優勝を決めたが、これ以後ツアー優勝がない。
引用元:スチュワート・シンク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AF

【5月5日 AFP】男子ゴルフのスチュアート・シンク(Stewart Cink、米国)は4日、がんを患う妻の看病に専念するため、無期限の休養を取ることを発表した。

 第138回全英オープン(The 138th Open Championship)覇者のシンクは、妻が前週乳がんと診断されたことを明かし、「衝撃的で、予想もしなかった出来事」とコメントした。

 42歳のシンクは声明で、「妻の病状を正確に把握している最中で、先が見えない状況が続いており、とてもつらい。この困難に直面しているリサ(妻)を支え、彼女が回復するまで、私は競技会から離れるつもりだ。元気になる日が早く訪れることを願っている」と心境を語った。

 シンクの存在が最も知られることになったのは、英ターンベリー(Turnberry)で行われた2009年の全英オープンだった。激戦となった最終日はプレーオフにもつれたが、シンクはメジャー大会最年長優勝を目指していたトム・ワトソン(Tom Watson、米国)を退け、クラレットジャグ(Claret Jug)を手にした。(c)AFP
引用元:シンクが無期限の休養を発表、妻の看病に専念 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3086115