ヘルシンキ ローマ


次のうち、1980年代に
世界陸上選手権が開催された
都市を全て選びなさい
エドモントン
ベルリン
ヘルシンキ(答)
ローマ(答)
アテネ
シュツットガルト
イェーテボリ
36%
2つのみ

世界陸上競技選手権大会(せかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい、IAAF World Championships)は、奇数年8 – 9月に9 – 10日間開催される陸上競技で世界最高峰の大会である。通称世陸、世界陸上、世界選手権。

歴史
1980年のモスクワオリンピックの西側諸国のボイコット問題(1979年12月に発生したソ連のアフガニスタン侵攻の影響)を機に新設され、1983年にヘルシンキで第1回大会を開催した。当初は夏季五輪前年に4年ごとに開催されていたが、1991年の東京大会以降は夏季五輪前年と翌年の2年ごとに開催されている。当初はヨーロッパ地域での開催が多かったが2005年のヘルシンキ大会以降現時点ではアジア(夏季五輪前年の大会)とヨーロッパ(夏季五輪翌年の大会)の交互開催となることが2019年まで決定している。世界選手権は、選手にとってオリンピックに並ぶ価値を持ち、数々の名勝負を演出してきた。オリンピックよりも世界記録や参加する国と地域の総数が多く(2004年のアテネオリンピックの202に対し、2003年のパリ大会では210)、歴史は浅いが陸上競技では最高峰の大会である。
引用元:世界陸上競技選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A