オラフ・トーン


バイエルン・ミュンヘンと
シャルケ04で活躍した選手で
1998年W杯ではドイツ代表の
リベロを務めたのは誰?
ンフラート・オ
オラフ・トーン(答)
32%

オラフ・トーン(Olaf Thon, 1966年5月1日 – )は、ドイツ(旧西ドイツ)・ゲルゼンキルヒェン出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはミッドフィルダー、ディフェンダー(リベロ)。

1994年からは故郷に戻りシャルケ04に復帰。この頃からリベロにポジション転向し、積極果敢な守備と前線への正確なパス供給、好機時の鋭い攻め上がりでチームを牽引した。1997年にはクラブ初の国際タイトルとなるUEFAカップの獲得に貢献した。また1998年にはワールドカップフランス大会において自身3度目となる代表選出を受け、負傷のため出場できなかったマティアス・ザマーに替わってリベロ役を務めた。

2002年に36歳で引退。翌2003年1月にシャルケのホームスタジアム、アレーナ・アウフシャルケで行われた引退試合には6万席以上の客席が満員となるほどのファンが詰めかけた。

引退後はシャルケ04の監査役を経て、2010-2011シーズンにノルトライン=ヴェストファーレン州リーグのヒュルス (VfB Hüls) の監督を務めた。
引用元:オラフ・トーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3