日本サッカー史の試合と国「マイアミの奇跡」ブラジル「ジョホールバルの歓喜」イラン「ドーハの悲劇」イラク「プレトリアの死闘」パラグアイ

027zZZVXTwmeR
次の日本サッカー史における
重要な試合と、その試合で
日本と戦った国の
正しい組み合わせを選びなさい
マイアミの奇跡───ブラジル
ジョホールバルの歓喜───イラン
ドーハの悲劇───イラク
プレトリアの死闘───パラグアイ

マイアミの奇跡(マイアミのきせき)は、1996年アトランタオリンピック(以下アトランタ五輪と略)・男子サッカーグループリーグD組第1戦において、日本五輪代表がブラジル五輪代表を1対0で下した試合の日本における通称である。
>まさかの失点に焦るブラジルはその後も一方的に攻め続けるが、GK川口の神懸ったセービングと、日本DF陣の抜かれても最後まで諦めずに食らいつく粘りの守備、さらにブラジルのシュートが数本ゴールポストに当たる幸運もあり、無得点に抑えた。ロスタイム2分30秒ほどブラジルの猛攻が続いたが、日本は最後まで守り切った。
最終的にブラジルが放ったシュートは計28本。対する日本のシュートは、たったの4本だった。日本サッカー史上、最高のジャイアントキリングの典型である。
引用元: マイアミの奇跡 – Wikipedia.

ジョホールバルの歓喜(ジョホールバルのかんき)とは、1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルで日本代表が1998 FIFAワールドカップ・フランス大会のアジア第3代表決定戦としてイラン代表と戦い、勝利を収めたことによりFIFAワールドカップ本戦初出場を決めたサッカーの試合の日本における俗称である。
引用元: ジョホールバルの歓喜 – Wikipedia.

ドーハの悲劇(ドーハのひげき)は、1993年10月28日[1]、カタールのドーハのアルアリ・スタジアムで行われた日本代表とイラク代表のサッカーの国際試合(1994年アメリカワールドカップ・アジア地区最終予選の日本代表最終戦)において、試合終了間際のロスタイムにイラク代表の同点ゴールが入り、日本のFIFAワールドカップ初出場が確定するまでわずかな時間を残すだけの状況から一転して予選敗退が決まった試合を指す日本での通称である。
引用元: ドーハの悲劇 – Wikipedia.

6月29日、南アフリカの首都プレトリア。史上初のベスト8進出をかけて戦ったパラグアイ戦。一進一退の攻防の末、延長戦でも決着がつかず、0-0のままPK戦へ突入。日本は、川島を除くフィールドプレイヤー全員が肩を組んで一列に座り、仲間のキック、川島のセービングを祈るように見守った。しかし、日本は3人目の駒野が失敗。パラグアイは5人全員が決め、日本のベスト16敗退が決まった。
引用元: 祈る日本代表選手たち [フォトギャラリー写真] – Number Web – ナンバー.