2014ロドリゲス2010ミュラー2006クローゼ


次のサッカーW杯の大会と
その大会の得点王の
正しい組み合わせを選びなさい
2014年ブラジル大会───ロドリゲス
2010年南アメリカ大会───ミュラー
2006年ドイツ大会───クローゼ
49%

ブラジル・ワールドカップ決勝が13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦。延長戦の末、マリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利を収めた。ドイツの優勝は、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来4回目となった。

 今大会の全64試合が終了し、得点王が決定した。5試合に出場して6得点を挙げたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが「ゴールデンブーツ賞」に輝いた。

 ワールドカップ初出場のハメス・ロドリゲスは、グループC第1節のギリシャ戦で終了間際に初得点を記録。第2節のコートジボワール戦では、CKに反応してヘディングシュートを突き刺した。第3節の日本戦では、鮮やかな個人技からループシュートでチーム4点目を記録。グループリーグで3試合連続の計3得点を挙げ、決勝トーナメント進出に貢献した。

 決勝トーナメント1回戦のウルグアイ戦では2得点を記録。ペナルティーエリアの外での胸トラップから左足ボレーで決めた先制点は鮮烈な印象を残した。さらに、準々決勝のブラジル戦では、チームは1-2で敗れたものの、80分に落ち着いてPKを沈め、1点差に迫る得点を記録した。ハメス・ロドリゲスは出場した5試合全てで得点を挙げた。
引用元:W杯得点王は6得点のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス | サッカーキング https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140714/211614.html

トーマス・ミュラー(Thomas Müller, 1989年9月13日 – )は、ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。

同姓のゲルト・ミュラーの後継者といわれる。なお、彼の父の名はゲルト・ミュラーと同姓同名である。

2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが[22]、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった[23]。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された[24]。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した[25]。さらに大会通算3アシストは同じくドイツ代表のメスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ブラジル代表のカカに並びトップタイだった。つまり得点王と最多アシストの2冠を達成したということになる。また20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した[26]。
引用元:トーマス・ミュラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%BC

ミロスラフ・クローゼ(Miroslav Klose, 1978年6月9日 – )は、ポーランド・オポーレ出身の元サッカー選手。ポジションはFW。ポーランド語の表記法ではミロスワフ・クローゼ (Mirosław Kloze) 。

ドイツ代表での出場は歴代2位、得点数は歴代最多。FIFAワールドカップでの通算得点数16は歴代最多の記録である。

W杯後はクラブ、代表ともに良い活躍を見せられず低迷していたが、2004年7月1日にヴェルダー・ブレーメンへ移籍するとこれが転機となり完全復活。クロアチア代表のイヴァン・クラスニッチと2トップを組み、2005-06シーズンはブンデスリーガ得点王となった。さらに2006年のFIFAワールドカップドイツ大会でも7試合で5得点を決めて得点王となった。また得点以外の面でもスウェーデン戦でルーカス・ポドルスキの得点をアシストするなどの活躍を見せた。
引用元:ミロスラフ・クローゼ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BC

1990年 イタリア 6点 サルバトーレ=スキラッチ イタリア
1994年 アメリカ 6点 フリスト=ストイチコフ
オレグ=サレンコ ブルガリア
ロシア
1998年 フランス 6点 ダボール=シュケル クロアチア
2002年 韓国、日本 8点 ロナウド ブラジル
2006年 ドイツ 5点 ミロスラフ=クローゼ ドイツ
2010年 南アフリカ共和国 5点 ウェズレイ=スナイデル
ダビド=ビジャ
ディエゴ=フォルラン
トーマス=ミュラー オランダ
スペイン
ウルグアイ
ドイツ
2014年 ブラジル 6点 ハメス=ロドリゲス コロンビア
引用元:ワールドカップサッカー・歴代得点王 https://straw-wara.net/archives/sports/soccer_wc_p-rank01.html