本田圭佑 カルロス・バッカ ホセ・ソサ


次の選手を
イタリアのサッカークラブ
ACミランに加入したのが
早い順に選びなさい
本田圭佑
カルロス・バッカ
ホセ・ソサ
34%

本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年6月13日 – )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。リーガMX・CFパチューカ所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年[3]。

ACミラン時代[編集]
2013年12月11日、イタリアセリエA・ACミランへの完全移籍が正式発表された[23]。3年半契約で背番号は自ら希望した「10番」に決まった。2014年1月12日、セリエA第19節サッスオーロ戦で途中出場しセリエAデビューを果たした[24]。1月16日、初の先発出場となったコッパ・イタリア5回戦スペツィア戦で、移籍後初得点を決めた。4月7日、セリエA出場12試合目となるアウェーのジェノアCFC戦で、リーグ戦初得点を決めた。その後、左足首捻挫でチームを離脱し約2週間後に復帰するも、インテル所属の長友佑都との日本人対決が注目された5月5日のミラノダービーでは出場機会はなく、移籍1年目は不完全燃焼に終わるシーズンとなった。
引用元:本田圭佑 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E5%9C%AD%E4%BD%91

カルロス・アルトゥーロ・バッカ・アウマダ(Carlos Arturo Bacca Ahumada、 1986年9月8日 – )は、コロンビア・プエルト・コロンビア出身のサッカー選手。コロンビア代表。ポジションはセンターフォワード。ビジャレアルCF所属。

ACミラン[編集]
2015年7月、セビージャはバッカがイタリア・セリエAのACミランに移籍金3000万ユーロで移籍することを発表[31]。背番号は70番。

代表[編集]
2010年8月11日にボリビアとの親善試合でエルナン・ダリオ・ゴメス(en)監督の下でコロンビア代表初出場および初得点を記録[32]。以降は代表から遠ざかっていたが、2012年10月4日にホセ・ペケルマン監督によって招集され[33]、16日のカメルーン戦で出場2試合目にして2得点目を記録した[34]。
引用元:カルロス・バッカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB

ホセ・エルネスト・ソサ(José Ernesto Sosa, 1985年6月19日 – )は、アルゼンチン・サンタ・フェ州カルカラニャー出身のサッカー選手。トラブゾンスポル・クラブ所属。元アルゼンチン代表である。ポジションはミッドフィールダー。

所属クラブ[編集]
アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ 2002-2007
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 2007-2010
→アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ 2009.10-2010 (loan)
イタリアの旗 SSCナポリ 2010-2011
ウクライナの旗 FCメタリスト・ハルキウ 2011-2015
→スペインの旗 アトレティコ・マドリード 2014.1-2014.6 (loan)
→トルコの旗 ベシクタシュJK 2014.9-2015.6 (loan)
トルコの旗 ベシクタシュJK 2015-2016
イタリアの旗 ACミラン 2016-
→トルコの旗 トラブゾンスポル・クラブ 2017.9- (loan)
引用元:ホセ・エルネスト・ソサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%82%B5