凱旋門賞、オペラ賞、フォレ賞、カドラン賞


次のうち、フランス競馬の一大
イベント「ロンシャン・ウィーク
エンド」でおこなわれるレースを
全て選びなさい
ヴェルメイユ賞
凱旋門賞(答)
オペラ賞(答)
フォレ賞(答)
カドラン賞(答)
エクリプス賞
ジョッケクルブ賞
36%

凱旋門賞ウィークエンド(がいせんもんしょうウィークエンド、week-end du Prix de l’Arc de Triomphe)は、フランスのロンシャン競馬場において凱旋門賞が施行される毎年10月1週の日曜日とその前日(土曜日)の2日間で行われる重賞競走集中開催のことである。英語ではPrix de l’Arc de Triomphe weekendと表記される。省略してアークウィークエンド(Arc Weekend)とも呼ぶ。日本では凱旋門賞ウィークや凱旋門賞デーとも呼ばれる。

1999年にルシアン・バリエール(Groupe Lucien Barrière)[2]がスポンサーとなり2000年には凱旋門賞を総賞金額が1050万フランに増額、カドラン賞の開催を土曜日から日曜日に変更、オペラ賞をG1昇格と改編され凱旋門賞の開催日に5つのG1が施行されることとなる[3]。さらに、2001年には日曜日にグランクリテリウムを加えG1を6つに増やした。また、2005年からは土曜日にフォレ賞も加わり2日間で7つのG1と4つのG2が開催される現在の形式となった。
引用元:凱旋門賞ウィークエンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%B1%E6%97%8B%E9%96%80%E8%B3%9E%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89