「大島康徳」1シーズン最多代打本塁打


1976年に現在も破られていない
プロ野球の1シーズン最多代打
本塁打の記録である7本塁打を
記録した選手は?
淡口憲治
河村健一郎
大島康徳(答)
加藤英司
55%

135nrzgpnhvvhc
名古屋日産から阪急に入団
今治西高校出身
指名打者としても活躍
通算代打本塁打27本は世界記録
石嶺和彦
加藤英司
長池徳士 ながいけあつし
高井保弘(答)

063jZTZzhRMZt
通算代打本塁打27本という
日本プロ野球記録を
持っている選手は◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
たかいやすひろ(答)
高井保弘
引用元:「高井保弘」代打本塁打27本の世界記録 今治西高校 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/6254/


プロ野球でサヨナラホームランの
通算最多記録を持つ選手は
野村克也である
×(答)
◯清原和博
引用元:「清原和博」サヨナラ本塁打通算最多 http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/35645/

1シーズン[編集]
記録
試合出場 飯田徳治、杉山光平、佐々木信也 154試合、1956年
打席 西岡剛 692打席、2010年
打数 広瀬叔功 626打数、1963年
本塁打 ウラディミール・バレンティン 60本、2013年
代打本塁打 大島康徳 7本、1976年 ※世界記録タイ
サヨナラ本塁打 ジャック・ハウエル 5本、1993年 ※世界第2位タイ
サヨナラ安打 大杉勝男 1969年
ジャック・ハウエル 1993年 5本
満塁本塁打 西沢道夫 5本、1950年
初回先頭打者本塁打 高橋由伸 9本、2007年 [4]
投手本塁打 藤本英雄 7本、1950年
引用元:日本プロ野球記録の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

大島 康徳(おおしま やすのり、1950年10月16日 – )は、大分県中津市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)・監督、野球解説者。

入団からしばらくは二軍暮らしだったが入団3年目の1971年に、ジョン・ミラーの故障で一軍初出場、直後にジュニアオールスターゲームでウエスタン・リーグの主砲としてMVP。翌年外野手のレギュラーとなるが、まだ荒削りで完全なレギュラー定着には至らなかった。8年目の1976年、代打起用で勝負強さを発揮しシーズン代打本塁打7本の日本記録を樹立。この功績が認められ、翌年も調子を持続させたことから、三塁手の正レギュラーとして打率.333、27本塁打。1979年には30本の大台を越える36本塁打。1980年4月には交通事故で重傷を負い欠場を余儀なくされるが、わずか1ヶ月で復帰した。1983年に再び36本塁打を放ち本塁打王に輝く。その間の優勝年である1974年はセンターの準レギュラー兼右の代打、1982年は「5番・レフト」のレギュラーとしてそれぞれ優勝に貢献している。1974年の最終戦は長嶋茂雄の引退試合で、中日の選手代表として花束を渡している。
引用元:大島康徳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E5%BA%B7%E5%BE%B3