「1994年・アメリカW杯」ブラジル優勝 ロマーリオMVP


MVPはロマーリオ
優勝はブラジル
得点王はストイチコフとサレンコ
日本はアジア予選で敗退
1998年・フランスW杯
1986年・メキシコW杯
1994年・アメリカW杯(答)
1990年・イタリアW杯
58%

1994 FIFAワールドカップ(英: 1994 FIFA World Cup)は、1994年6月17日から7月17日にかけて、アメリカ合衆国で開催された15回目のFIFAワールドカップである。

大会結果
優勝 ブラジルの旗 ブラジル (4回目)
準優勝 イタリアの旗 イタリア
3位 スウェーデンの旗 スウェーデン
4位 ブルガリアの旗 ブルガリア

得点王 ブルガリアの旗 フリスト・ストイチコフ
ロシアの旗 オレグ・サレンコ(6点)
最優秀選手 ブラジルの旗 ロマーリオ

グループリーグB組では既に敗退が濃厚となっていたチーム同士の対戦として然して注目されていなかったロシア対カメルーンでワールドカップレコードが2つも生まれた。一つ目はロシアの若きFWオレグ・サレンコによる「1試合5得点」の最多得点記録。彼はスウェーデン戦でも1得点しており、計6得点でフリスト・ストイチコフと並び今大会の得点王となった。チームがグループリーグで敗退したにもかかわらず大会得点王となったのは、長いワールドカップの歴史の中でも彼だけである。もう一つはカメルーン大統領の要請により、引退からW杯限定で復帰したベテランFWロジェ・ミラによる「ワールドカップ最年長ゴール(42歳)」。この二つの記録は現在も破られていない。

フランスはヨーロッパ地区予選の最終ラウンドで「パリの悲劇」により、また日本はアジア地区予選の最終ラウンドで「ドーハの悲劇」により本大会出場を逃した。しかし多くの日本人ファンが現地を訪れたほか、Jリーグブームとの相乗効果で多くの視聴者がこの大会を観戦した。この大会以降、日本代表の結果はサッカーファン以外の間でも大きな関心事となった(「ワールドカップ」といえば以前はバレーボールワールドカップだった)。
引用元:1994 FIFAワールドカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/1994_FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97