日本、韓国「アジアカップ」日本、韓国、北朝鮮「東アジアカップ・女子」


次のうち、サッカーの
アジアカップで優勝したことが
ある国を全て選びなさい
韓国(答)
日本(答)
中国
北朝鮮
62%


次のうち、サッカーの東アジアカップ・女子で優勝したことがある国を全て選びなさい
日本(答)
韓国(答)
北朝鮮(答)
中国

053eqtxaqj
次のうち、サッカーの
「アジアカップ」で優勝した
ことがある国を全て選びなさい
イラン(答)
マレーシア
サウジアラビア(答)
イラク(答)
トルコ

063NtNvxbs
ジーコ率いるサッカー日本代表が
中国で開催したアジアカップで
優勝したのは西暦何年?
59680
42713
2004(答)
36%

031PHRRXDxsTZ
コンフェデレーションズカップの
前身となった、1992年と1995年に
開催されたサッカーの大会は
キング・◯◯◯◯・カップ?
ハスラフー
タァムドオ
ファハド(答)
「キング・ファハド・カップ」
引用元:「イラン」「サウジアラビア」「イラク」「イスラエル」「クウェート」「オーストラリア」ほかアジアカップ優勝国 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/29459/

AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。

概要[編集]
当大会はアジア地域の大陸選手権大会として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権(コパ・アメリカ)に次いで2番目に古い[1]。日本で認知されたのは広島で開催された1992年のAFCアジアカップ1992以降で[1][2]、Jリーグがスタートする直前に日本が初優勝して、日本代表がマスメディアから注目される切っ掛けになった[2][3]。グループリーグ突破を決めたイラン戦終了間際の三浦知良のゴールは、試合後のカズの名言「魂込めました、足に」と共に有名である[2][3]。
1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。
引用元:AFCアジアカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/AFC%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97

EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ(英: EAFF E-1 Football Championship)は、東アジアサッカー連盟(EAFF)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの国際大会である。前身は、1990年から1998年まで開かれたダイナスティカップ。

2012年4月11日の第35回EAFF理事会で、東アジア選手権から男子大会は東アジアカップ(英: EAFF East Asian Cup)、女子大会は女子東アジアカップ(英: EAFF Women’s East Asian Cup)に大会名称が変更された[1]。同時に、韓国で2013年に開催される東アジアカップからオーストラリアの男女代表とも同大会からゲスト参加(連盟に加盟するのではなく、大会のみ参加)する方向で検討中と同理事会で発表され[1]、同年8月30日に正式に決定した。オーストラリアは男女代表とも、2012年の東アジアカップ予選大会に出場した。オーストラリア男子代表は香港で同年12月1日から9日に開催される予選第2ラウンドから参加し、予選を突破し、本大会出場を決めた。オーストラリア女子代表は中国で同年11月20日から24日に開催される予選から参加したが、予選で敗退した[2][3]。
引用元:東アジアカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97