ジェームス・ハント


次のうち
マクラーレンチームに所属した
ことがある元エフワンレーサーを
全て選びなさい
ミケーレ・アルボレート
ロニー・ピーターソン
ジェームス・ハント(答)
28%

049ydKtXYu
次のエフワンレーサーを
1990年に所属したチームごとに
グループ分けしなさい

マクラーレンフェラーリティレル
中嶋悟
アラン・プロスト
ジャン・アレジ
アイルトン・セナ

引用元:マクラーレン「アイルトン・セナ」フェラーリ「アラン・プロスト」ティレル「中嶋悟」「ジャン・アレジ」 「中嶋一貴」中島悟の長男 ウィリアムズでデビュー「中嶋大祐」次男 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/1697/

ミケーレ・アルボレート(Michele Alboreto, 1956年12月23日 – 2001年4月25日)は、イタリアミラノ出身のレーシングドライバー。F1やル・マン24時間レースなどで活躍した。

F1での経歴
活動時期 1981-1994
所属チーム ’81-’83,’89 ティレル
’84-’88 フェラーリ
’89,’93 ローラ
’90-’92 フットワーク (アロウズ)
’94 ミナルディ

事故死[編集]
その後はインディやル・マンなどに活躍の場を移し、1997年ル・マン24時間耐久レースで優勝した。しかし2001年、ドイツのラウジッツリンクにてル・マン24時間耐久レースのために行っていたアウディ・R8のテスト走行中にタイヤがバーストしクラッシュ、ほぼ即死であった[2][3]。44歳没。
エピソード[編集]
フォルツァ・ミケーレ![編集]
イタリア人ファンにとっては「イタリア人が運転するフェラーリが優勝する事」が唯一最大の願いであり、そのファンの中でもミケーレはイタリア人ファンに愛された。これにはミケーレの不運な境遇、超一流のドライビングテクニックに対する同情・賞賛がある。そのため、イタリア国内で行われるF1グランプリにはティフォシと呼ばれるフェラーリ熱狂支持者が多数訪れるが、そのティフォシ達が絶叫する言葉は常に「フォルツァ・ミケーレ!(ミケーレ頑張れ!)」であったと言われている。
引用元:ミケーレ・アルボレート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

ベンクト・ロニー・ピーターソン(Bengt Ronnie Peterson, 1944年2月14日 – 1978年9月11日)はスウェーデンのエーレブルー生まれのF1ドライバー。名字は母国語での発音に基づき「ペテルソン」「ペターソン」「ペタソン」などと表記されることもある。
オーバーステアを好み、激しいテールスライドを多用するダイナミックな走りながらも素晴らしいマシンコントロールで自由自在に操りつつ驚異的な速さを誇った、スウェーデンが生んだ当代最速のレーサー。ジル・ヴィルヌーヴなどその華麗な走りに魅了された者も多く、「Super Swede(スーパー・スウェード)」、「サイドウェイ・ロニー」等とも呼ばれた。

F1での経歴
活動時期 1970-1978
所属チーム ’70,’71-’72,’76 マーチ
’73-’76,’78 ロータス
’77 ティレル
引用元:ロニー・ピーターソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3

ジェームス・サイモン・ウォリス・ハント(James Simon Wallis Hunt, 1947年8月29日 – 1993年6月15日)は、イギリス出身の元レーサー。1976年にF1のシリーズチャンピオンを獲得した。

F1での経歴
活動時期 1973-1979
所属チーム ’73-’74 マーチ
’74-’75 ヘスケス
’76-’78 マクラーレン
’79 ウルフ

映画化[編集]
2011年、1976年シーズンのハントとラウダのライバル関係を描く”Rush”の製作が発表された。ピーター・モーガンが脚本を執筆、ロン・ハワードが監督を務め[5]、ハント役は『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが演じた。
2013年9月より全米で封切られ、日本では邦題『ラッシュ/プライドと友情』として2014年2月7日に公開(2月1・2日先行上映)。日本語吹き替え版ではKinKi Kidsの堂本光一がハント役を演じた。劇中では人物像に脚色が施され、ラウダとは犬猿の仲だったがF1で実力を認め合った後で親友になるというストーリーが描かれている(実際には上述の通り、F3時代から仲が良い)。同様に1976年の最終戦・日本GPでは棄権したラウダがピットからハントのチャンピオン奪取を見届ける描写がなされているが、現実ではラウダはマシンを降りてすぐサーキットを離れ、空港で帰りの飛行機に乗る前に結果を知らされている。
引用元:ジェームス・ハント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%88