山本宏美 橋本聖子 岡崎朋美


次の元スピードスケート選手を
五輪でメダルを獲得した種目の
距離が長い順に選びなさい
山本宏美
橋本聖子
岡崎朋美
46%

山本 宏美(やまもと ひろみ、1970年4月21日 – 現姓・山中)は北海道白老郡白老町出身の元スピードスケート選手。1994年リレハンメルオリンピック銅メダリスト。

1994年2月開催のリレハンメル五輪・スピードスケート女子5000mでは、序盤はスローペースながらも中盤から終盤にかけてラップを上げスピードアップ、結果7分19秒68のゴールタイムで当時の日本新記録をマーク(自身の日本記録も11秒17更新)して3位入賞・銅メダルを獲得[1]。また同五輪・女子3000mでも7位入賞(4分22秒37)を果たし、女子1500mは15位(2分06秒54)であった。
冬季オリンピックの日本代表選手で、スピードスケート・長距離走種目においてのメダル獲得は、山本が史上初である。また冬季五輪で当時の日本代表女子選手としては、1992年のアルベールビルオリンピックで各メダルを獲得した橋本聖子(スピードスケート女子1500m)の銅と、伊藤みどり(女子フィギュアスケート)の銀に続いて、彼女が史上3人目のメダリストとなった。
引用元:山本宏美 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%AE%8F%E7%BE%8E

橋本 聖子(はしもと せいこ、戸籍名:石﨑 聖子(いしざき せいこ)、1964年10月5日 ‐ )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(4期)、自由民主党参議院議員会長(第29代)。公益財団法人日本スケート連盟会長、公益財団法人日本自転車競技連盟会長。公益財団法人日本オリンピック委員会副会長。スピードスケートおよび自転車競技の元選手でオリンピック日本代表として出場。アルベールビル冬季オリンピックスピードスケート女子1500m銅メダル。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事[1]。
引用元:橋本聖子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E8%81%96%E5%AD%90

岡崎 朋美(おかざき ともみ、本名:安武朋美【旧姓:岡崎】 1971年9月7日 – )は元スピードスケート選手。都留文科大学特任教授。
長野オリンピックスピードスケート女子500メートル銅メダリスト。1994年リレハンメルオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピック、2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックと、5度の冬季オリンピックに出場。北京オリンピック日本代表(自転車トラックレース女子スプリント)の佃咲江選手(北海道網走郡美幌町出身)は、北海道釧路星園高等学校(スピードスケート部)の後輩である。
引用元:岡崎朋美 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E6%9C%8B%E7%BE%8E