星野一義、高原敬武、高橋国光


次のうち、1977年の
エフワン日本GP決勝レース
に出場したレーサーを
全て選びなさい
星野一義(答)
高原敬武(答)
長谷見昌弘
26%


次のうち、1977年の
エフワン日本GPの決勝レース
に出場したレーサーを
全て選びなさい
星野一義(答)
鮒子田寛
高原敬武(答)
高橋国光(答)
桑島正美

1977年日本グランプリは、1977年のF1世界選手権第17戦として、1977年10月23日に富士スピードウェイで決勝レースが開催された。

日本勢の参戦[編集]
前年スポット参戦した日本勢は、体制を変更してこの1戦に臨んだ。コジマはエントリーを2台に増やし、星野一義(ヒーローズレーシング)と高原敬武(高原レーシング)という国内トップドライバーコンビが新車KE009に乗る。タイヤは前年ヒーローズが使用したブリヂストンタイヤ。また、前年ヒーローズが購入したティレル・007をメイリツレーシングが使用し、ベテラン高橋国光がF1デビューした。こちらは前年コジマが使用した日本ダンロップタイヤを履く。
引用元:1977年日本グランプリ (4輪) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/1977%E5%B9%B4%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA_(4%E8%BC%AA)

星野 一義(ほしの かずよし、1947年7月1日 – )は、元レーシングドライバーで、現在は株式会社ホシノインパル代表取締役社長。静岡県安倍郡玉川村(現・静岡市葵区)出身。血液型:A型。現役時代は「日本一速い男」と呼ばれた。
レーシングドライバーの星野一樹は長男。
引用元:星野一義 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E9%87%8E%E4%B8%80%E7%BE%A9

高原 敬武(たかはら のりたけ、1951年6月6日 – )は、日本の元レーシングドライバーで、自らのチーム「高原レーシング」オーナーであった。1970年代に活躍し、星野一義が台頭するまで国内レース界で「高原時代」を築いた。また、ノンチャンピオンシップ戦ながら、日本人として初めてフォーミュラ1に出場したドライバーとなった[1]。元妻は元タレントの松尾ジーナ[2]。
引用元:高原敬武 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8E%9F%E6%95%AC%E6%AD%A6

高橋 国光(たかはし くにみつ、1940年1月29日 – )は、日本の元レーシングドライバー、オートバイ評論家。東京都北多摩郡小金井町(現・小金井市)出身。血液型:B型。愛称は国さん。
二輪・四輪合わせて489レースに出場、通算71勝を挙げている。二輪では世界グランプリを転戦したが、四輪のレース活動は日本国内を主戦場とした。
華麗なドリフト走法で知られ、黒澤元治に代表されるグリップ走法派のドライバーが台頭した後も、レースでドリフトを多用したことで知られる。そのためドリキン(ドリフト・キング)こと土屋圭市達から、師匠的な扱いを受けている[注釈 1]。
1999年に59歳で現役を引退。2000年以降は自らのレーシングチームであるチーム国光の監督を務める。以前はSUPER GTを運営するGTアソシエイションの会長も務めていた。 日本カーオブザイヤー選考委員(09-10等)。
引用元:高橋国光 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%9B%BD%E5%85%89