ACミラン、パルマ「アリゴ・サッキ」


次のうち、アリゴ・サッキが
監督を務めたことがある
サッカークラブを全て選びなさい
ACミラン(答)
ローマ
パルマ(答)
37%

アリゴ・サッキ(Arrigo Sacchi、1946年4月1日 – )は、イタリア・フジニャーノ出身のサッカー指導者。ゾーン・プレスを編み出した人物として知られる。

少年時代・黎明期[編集]
サッキはプロサッカー選手としての経験が全く無い。少年時代は、サッカーに熱中する生活を過ごした。青年期には、靴の製造会社を経営する父親が、本人のサッカーに対する意思を頑なに拒否し続け、その結果、父親の会社で働きながらアマチュア5部ディレッタンティでプレーした。その後、独学で指導者になるための勉強を続け、サッカー理論を身につけると、少年チームをコーチしながらコヴァルチャーノの監督コースを修了した。1977年にチェゼーナのユース監督に就任し、5年後の1982年にリミニというクラブで「大人」のチームの監督となった。
転機[編集]
大きな転機が訪れたのは、1985年にセリエC1のパルマの監督に就任した時である。当時は一地方都市のクラブチーム程度の実力でしかなかったのだが、就任1年目でセリエBに昇格させ、2年目から参加したコッパ・イタリアではリーグ戦ほど重視されないカップ戦とはいえACミランを2度も破る大金星を挙げた。この結果を受けて、当時不振に喘いでいたミランのベルルスコーニ会長は、1987年に周囲の反対を押し切ってサッキをミランの監督として招き入れる決断をする。なお、この時の、サッカー選手としての経歴を持たずに監督に就任したという自身の経歴に対する考えを「騎手になるために、馬に産まれる必要はない」という言葉で表している[1]。

監督経歴[編集]
イタリアの旗 リミニ(3部)1982-83
イタリアの旗 フィオレンティーナ(AD)1983-84
イタリアの旗 リミニ(3部)1984-85
イタリアの旗 パルマ(3部)1985-86
イタリアの旗 パルマ(2部)1986-87
イタリアの旗 ACミラン 1987-91
イタリアの旗 イタリア代表 1991-96
イタリアの旗 ACミラン 1996-97
スペインの旗 アトレティコ・マドリード 1998-99
イタリアの旗 パルマ 2001
引用元:アリゴ・サッキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AD