ハビエル・「アギーレ」


2014年7月から2015年2月まで
サッカー日本代表の監督を
務めたメキシコ人は
ハビエル・◯◯◯◯?
マアロリレ
ギーゴンド
アギーレ(答)
55%
Javier Aguirre Onaindía

ハビエル・アギーレ・オナインディア(Javier Aguirre Onaindía, 1958年12月1日 – )は、メキシコ・メキシコシティ出身の元プロサッカー選手、現サッカー指導者で前日本代表監督。両親はスペイン・バスクからメキシコへの移民者で、アギーレ自身はバスク系メキシコ人[1]。長男は弁護士、次男はサッカー指導者、三男はサッカー選手である。ハビエル・アギレとも[2]。
現役時代のポジションは、フォワードとして選手生活をスタートし、やがてミッドフィールダー、選手生活晩年はディフェンダー(CB)。メキシコ代表選手として1986年ワールドカップ・メキシコ大会に出場した。現役引退後、1994年ワールドカップ・アメリカ大会にアシスタントコーチとして代表に同行し、また代表監督として2002年ワールドカップ・日韓大会、2010年ワールドカップ・南アフリカ大会の2大会で指揮を執った。

2014年7月、JFAが日本代表監督に招聘[6]。8月に就任した。
2014年12月には、2011年5月に指揮していたサラゴサのリーガ残留をかけたレバンテUD戦を廻る八百長疑惑で、スペインの検察当局から関与した疑いのあるアンデル・エレーラ、ガビらとともに告発された[7]。2015年1月14日、スペインメディアにより、バレンシアの裁判所が訴追を受理、同年2月には事情聴取が始まるとの報道がなされた[8]。日本代表監督就任後初の国際大会となったアジアカップ2015ではグループステージを無失点で3連勝し首位通過するも、決勝トーナメントでは準々決勝UAE戦でPK戦の末に敗れ、ベスト8で敗退した。八百長に関与した疑いにより、2015年2月3日、日本サッカー協会からサッカー日本代表監督としての契約解除が発表された[9]。
引用元:ハビエル・アギーレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%AC