「タイソン・ヒューリー」元WBA・IBF・WBOヘビー級王者


2015年11月にウラジーミル・
クリチコを倒して、WBA、IBF、
WBO世界ヘビー級王者となった
イギリス人ボクサーは誰?
タイソン・ヒューリー(答)
デビッド・ヘイ
デレック・チゾラ
デオンテイ・ワイルダー
29%

タイソン・フューリー(Tyson Luke Fury、男性、1988年8月12日 – )は、イングランドの元プロボクサー。マンチェスター出身。元WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者。トレーナーは父親のジョン・フューリーだったが、2011年に刑務所に収監されて以降は、代わりに叔父のピーター・フューリーがトレーナーを務めている。試合後のリング上や記者会見でよく歌を披露することで有名。弟のヤング・フューリー、従弟のヒューイ・フューリーもヘビー級のプロボクサー。

2015年11月28日、当初は同年10月24日に予定されていたがクリチコの負傷で延期となっていた試合を、デュッセルドルフのエスプリ・アレーナでWBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者ウラジミール・クリチコと行い、12回3-0(2者が115-112、116-111)の判定勝ちを収めWBAスーパー王座、IBF王座、WBO王座、IBO王座獲得に成功した[35][36]。勝利を告げられるとフュリーはリング上で涙を流しながら喜びを語ってからマイクを握り、エアロスミスの「ミス・ア・シング」を熱唱した[37]。試合前の記者会見でフューリーは独自のバットマンのコスプレで登場し、悪役を退治する寸劇を披露して、同席していたクリチコが思わず苦笑いを見せるなど会見を盛り上げていた[38]。
引用元:タイソン・フューリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC

ウラジミール・クリチコ(ドイツ語: Wladimir Klitschko、ウクライナ語: Володимир Володимирович Кличко ヴォロドィームィル・ヴォロドィームィロヴィチュ・クルィチュコー; ロシア語: Владимир Владимирович Кличко ヴラヂーミル・ヴラヂーミラヴィチュ・クリチュコー、 1976年3月25日 – )はカザフ・ソビエト社会主義共和国、セミパラチンスク(現カザフスタン、セメイ)出身の元プロボクサー。
元WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者。アトランタオリンピックスーパーヘビー級金メダリスト。ニックネームは「鉄槌博士」。
元WBC世界ヘビー級王者で元WBO世界ヘビー級王者で現キエフ市長のビタリ・クリチコは兄。ウクライナ人であるが、ボクシング活動の本拠地としているドイツで絶大な人気がある。入場曲はRed Hot Chili Peppersの”Can’t Stop”。
引用元:ウラジミール・クリチコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%B3