「ナカヤマフェスタ」凱旋門賞2位


凱旋門賞で2着を記録した
日本調教馬はエルコンドル
パサー、オルフェーヴルと何?
カタカナで答えなさい
ナカヤマフェスタ(答)
57%

凱旋門賞(がいせんもんしょう、フランス語: Prix de l’Arc de Triomphe)は、フランスのロンシャン競馬場で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の重賞(G1)競走である。距離は芝2400m。ヨーロッパ最大の競走の一つで、国際的に著名なスポーツの催しである。
英語圏等で(Arc)、フランス語圏で(L’Arc)と略されることもある。

調教国[編集]
最も優勝回数の多い国はフランスである。
フランスの旗 フランス – 66回
イギリスの旗 イギリス – 13回
アイルランドの旗 アイルランド – 8回 ※アイルランドの独立は1937年
イタリアの旗 イタリア – 6回
ドイツの旗 ドイツ – 2回 ※東西分裂時代のドイツを含む
欧州以外の国で調教を受けた馬が優勝したことはない。ただし、ゴドルフィンが馬主で英国とUAEの2箇所で調教師をしているサイード・ビン・スルール調教馬による優勝例は3回ある。
欧州馬以外の最高着順は2着で、日本から出走したエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル (2回・2012,2013)。他に、転厩により英国調教馬となっているが、オセアニアの主要な競走を勝利しているニュージーランドからの遠征馬バルメリーノが2着に来ている[32]。
引用元:凱旋門賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%B1%E6%97%8B%E9%96%80%E8%B3%9E

エルコンドルパサー(1995年3月17日 – 2002年7月16日)はアメリカ合衆国で生産され、日本で調教された競走馬、のち種牡馬。
日本人実業家・渡邊隆による生産所有馬で、1998年に中央競馬(JRA)でデビュー。同年NHKマイルカップとジャパンカップを制し、JRA賞最優秀4歳牡馬に選出される。1999年にはフランスへの長期遠征を行い、サンクルー大賞などに優勝したほか、ヨーロッパ最高峰の競走とされる凱旋門賞で2着の成績を残して引退。同年は日本で走らなかったにもかかわらずJRA年度代表馬と最優秀5歳以上牡馬に選ばれた。通算11戦8勝(うちフランスで4戦2勝)。インターナショナル・クラシフィケーションによるレート「134」、タイムフォームによるレート「136」は、いずれも日本調教馬についての史上最高数値として保持されている。
2000年より種牡馬となったが、産駒デビュー前の2002年に腸捻転により死亡。遺された3世代からはヴァーミリアン、ソングオブウインド、アロンダイトと3頭のGI優勝馬が輩出された。2014年、JRA顕彰馬に選出。
引用元:エルコンドルパサー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%B5%E3%83%BC

ナカヤマフェスタ(英:Nakayama Festa、香:中山慶典)は、日本の競走馬である。おもな勝ち鞍に2010年の宝塚記念。馬名の由来は冠名に祝祭日を意味する「Festa」。

秋はヴィクトワールピサとともに凱旋門賞に挑戦することが決定し、鞍上は蛯名正義と発表された。遠征チームは前馬主の和泉信子がファンだった宝塚歌劇団にちなみ「チームすみれの花」と名付けられた[2]。9月12日にはそのステップレースであるフォワ賞に出走。スタート直後は先頭に立つものの道中は3番手につけ、直線での追い比べから2着に入った。そして迎えた本番の凱旋門賞では中団外目につけるが、最終コーナー付近で鞍上が数度立ちあがるほどの不利を受ける。直線では一旦先頭に立つものの、内から差してきたWorkforceとの叩き合いの末、わずかに及ばず2着となった。この結果、日本調教馬ではエルコンドルパサー以来の、内国産馬では初の凱旋門賞連対となった。また、凱旋門賞後に発表されたワールド・サラブレッド・ランキング(2010年4月1日〜10月3日集計分)では、世界5位となる127ポンドを獲得した。帰国初戦となったジャパンカップに2番人気で出走、道中好位追走も直線では全く伸びず日本馬最下位となる14着に終わった。この2日後に左肩ハ行、左前脚膝裏の内出血を発症していたことか判明し、年末の有馬記念は回避することになったものの、宝塚記念優勝、凱旋門賞2着の成績からJRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した[3]。
引用元:ナカヤマフェスタ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF

オルフェーヴル (Orfevre)[1]は日本の競走馬。 中央競馬史上7頭目のクラシック三冠馬[10]。おもな勝ち鞍は皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)、有馬記念(2011年、2013年)[2][3]。凱旋門賞にも遠征し、2年連続で2着となった[2][3]。馬名はフランス語で「金細工師」[1][注 1](仏:Orfèvre[3])。
引用元:オルフェーヴル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%AB