佐藤ルミナ、エンセン井上、桜井速人、朝日昇


次のうち
「修斗四天王」の1人に
数えられた格闘家を
全て選びなさい
佐藤ルミナ(答)
エンセン井上(答)
宇野薫
桜井“マッハ”速人(答)
朝日昇(答)
26%

佐藤 ルミナ(さとう ルミナ、1973年12月29日 – )は、日本の男性元総合格闘家。本名は佐藤 留美奈。神奈川県小田原市出身。roots所属。元修斗環太平洋フェザー級王者[1]。修斗四天王の一人。

人物・エピソード[編集]
一見女性のような「留美奈」という名の由来は、ラテン語の「月」を意味する「ルナ(Luna)」と「狼」を意味する「ルピナス(Lupinus)」*の2つの単語を合わせて父親が命名したもの。このため「月狼(ツキオオカミ)」というニックネームが付けられている(正確にはラテン語の狼は「ルプス(Lupus)」であり、「ルピナス」は「ルプス」を語源とする豆科の植物名である)。
現在ではさほど珍しくない「おしゃれな格闘家」の元祖であり、数々のファッション誌にモデルとして登場。ファッションと格闘技を結びつけたことにより「格闘技=ダサイ、男臭い」などのマイナスイメージを払拭した。
かつては藤原紀香とのお泊まりデートの様子を写真週刊誌にスクープされるなど芸能界との交際関係も深く、ロンドンブーツ1号2号の田村亮やCHEMISTRYなど、彼の出場する試合会場には芸能人の姿が多く見られる。
趣味は多彩で、冬はスノーボード、夏はサーフィンを楽しみ、エアガンの収集やフリークライミング等も行う。また野菜の栽培も趣味の1つで、自身のブログ内でもしばしば収穫物の報告がなされる。
引用元:佐藤ルミナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A

朝日 昇(あさひ のぼる、1968年1月5日 – )は、日本の男性総合格闘家。本名は朝日 愼一(あさひ しんいち)。神奈川県横浜市出身。東京イエローマンズ主宰。元修斗世界ライト級王者。修斗四天王の一人。
漫画「TOUGH」の朝昇(ちょうしょう)というキャラのモデル。1996年に格闘技通信の表紙を飾るが、この時から「奇人」と呼ばれるようになる。ギター漫談のあさひのぼるとは別人物。

人物・エピソード[編集]
現在は格闘家を引退しデザイナーとして活躍。
現役時代は関節技を得意としていた一方で自ら得意技を「プッシュ戦法」と紹介するに消極性を批判された時期があった[6]。
やや面長で角ばった顔の輪郭と崩れた歯列が容姿の特徴であり趣味も「フィギュア」という変わり種の格闘家であったことも「奇人」の名の由来となっている[6]。
ハードコアバンドオリンポス16闘神と交流が深く、Tシャツのデザインを手掛けた。2015年3月より同バンドの暴徒鎮圧担当としてメンバーに加入[7]。
引用元:朝日昇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%98%87

エンセン井上(エンセン いのうえ、1967年4月15日 – )は、アメリカ合衆国の男性総合格闘家、プロレスラー。ハワイ州ホノルル出身。日系アメリカ人4世。PUREBRED所属。ブラジリアン柔術黒帯。初代修斗ヘビー級王者。修斗四天王の一人。
キャッチフレーズは「大和魂」であり、自身の胸と背中にも「大和魂」と刺青を彫っている。
総合格闘家のイーゲン井上は実兄。
引用元:エンセン井上 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E4%BA%95%E4%B8%8A

桜井”マッハ”速人(さくらい”マッハ”はやと、1975年8月24日 – )は、日本の男性総合格闘家。茨城県龍ケ崎市出身。マッハ道場主宰。ブラジリアン柔術黒帯[1]。元修斗世界ウェルター級王者[2]。修斗四天王の一人。
豪快なファイトスタイルと性格の天然さから、「野生のカリスマ」の異名を持つ[3]。
引用元:桜井速人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E9%80%9F%E4%BA%BA