「アヴェンチュラ」2011年の秋華賞馬 母アドマイヤサンデー


2008年3月7日生まれ
父はジャングルポケット
母はアドマイヤサンデー
2011年の秋華賞馬
アヴェンチュラ(答)
グランプリボス
マルセリーナ
エリンコート
49%


2008年3月28日生まれ
父はサクラバクシンオー
母はロージーミスト
2011年NHKマイルカップ優勝馬
グランプリボス(答)
エリンコート
オルフェーブル
アヴェンチュラ


2008年3月10日生まれ
父はデュランダル
母はエリンバード
2011年のオークス馬
エリンコート(答)
引用元:「グランプリボス」父サクラバクシンオー母ロージーミスト http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/34469/

アヴェンチュラ (Aventura) とは日本の競走馬である。主な勝ち鞍は2011年の秋華賞。馬名の意味はイタリア語で「冒険(伊: aventura)」。

欧字表記 Aventura
品種 サラブレッド
性別 牝
毛色 鹿毛
生誕 2008年3月7日(9歳)
登録日 2010年5月13日
抹消日 2012年6月15日
父 ジャングルポケット
母 アドマイヤサンデー
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本(北海道安平町)
生産 ノーザンファーム
馬主 (有)キャロットファーム
調教師 角居勝彦(栗東)

3歳[編集]
復帰初戦となった2011年7月30日の漁火ステークスでは道中好位の4番手を進み、直線で先頭に立つとシルクアーネストの追走を3馬身差で抑え2勝目となった。8月14日のクイーンステークスではコスモネモシンをクビ差抑え、重賞初勝利となった。クイーンステークスから直行した秋華賞では、当初はエドガー・プラードが騎乗予定だったが、岩田康誠に変更となった。2番人気に支持され、メモリアルイヤーの大逃げというレース展開から最後の直線で早めに抜け出すとキョウワジャンヌ、1番人気のホエールキャプチャの追走を封じて1着となり、GI初制覇を果たした。11月13日のエリザベス女王杯では好位の7番手で脚を溜め直線で外から襲い掛かるが、後方から脚を伸ばしたスノーフェアリーにかわされクビ差の2着となった。後日、競走中に両第3手根骨々折を発症していたことが判明した[1]。その後も復帰に向けて準備を進めたものの左前第3手骨骨折が判明し、復帰に時間がかかることから2012年6月15日付で競走馬登録を抹消。引退後は、ノーザンファームで繁殖馬となった。
引用元:アヴェンチュラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9