くぼしゅん久保隼



2017年4月にWBA世界スーパー
バンタム級王座となったボクサー
久保隼
くぼしゅん(答)
43%

久保 隼(くぼ しゅん、1990年4月8日)は、日本のプロボクサー。第42代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者。元WBA世界スーパーバンタム級王者。京都府出身。京都府初の世界王者[2]。真正ボクシングジム所属。

2017年4月9日、エディオンアリーナ大阪でWBA世界スーパーバンタム級王者のネオマール・セルメニョと対戦し、11回5秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[30][31][32]。
2017年4月10日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のセルメニョ戦を制し王座を獲得した久保をWBA世界スーパーバンタム級王者としてランクインした[33][34]。
2017年4月21日、WBAはWBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼とWBA世界スーパーバンタム級2位のダニエル・ローマンの間で指名試合を行うよう指令を出した。同日から30日以内に指名試合に関する対戦交渉を行い、合意に至らなければ入札になるとのこと[35]。同日、「京都市プロスポーツ特別賞」を受賞し、京都市役所で門川大作京都市長より表彰された[36][37]。
2017年5月1日、神戸市より「神戸市スポーツ特別賞」を受賞し、久元喜造神戸市長より表彰された[38]。
2017年9月3日、島津アリーナ京都でWBA世界スーパーバンタム級2位のダニエル・ローマンと対戦し、プロ初黒星となる9回1分21秒TKO負けを喫しWBA世界スーパーバンタム級王座の初防衛に失敗、王座から陥落した[39][40][41]。
引用元:久保隼 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%85%E4%BF%9D%E9%9A%BC