かなざきむう金崎夢生



2008年のナビスコカップで
ニューヒーロー賞を受賞しました
金崎夢生
かなざきむう(答)
40%

116jcGxvZCqPD
伝説のムー王国の首都が
置かれたとされる都市
ヒラニプラ
引用元:「ヒラニプラ」ムー大陸の首都・シャンバラの黄金都市 「レムリアンシード」レムリア大陸に因んだパワーストーン http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/7161/


チャーチワードはこれをムー大陸
の首都ヒラニプラであると考えた
ミクロネシア連邦のポナペ島に
ある石造遺跡を何という?
ナ・マドルンー
ナン・マドール(答)
Nan Madol

スロット
チャーチワードがこれを解読しムー大陸が実在したことを確信したといわれる粘土板の名前は「◯◯◯◯碑文」?
ナーカル(答)
「ナーカル碑文」

金崎 夢生(かなざき むう、1989年2月16日 – )は、三重県津市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

プロ入り前[編集]
三重県津市安濃町に生まれる。歴史好きであった母親がムー大陸に因んで「夢生」と名付けた[1]。小学校2年生からフットサルを始め、5年生時には全日本少年フットサル大会で3位に入賞するなど、全国的に知られた選手であった[2]。

日本代表[編集]
2009年1月20日、AFCアジアカップ2011予選のイエメン代表戦で後半42分に香川真司と交代で初出場。
2015年11月5日、約5年ぶりに選出。代表通算6試合目となる同月12日の2018 FIFAワールドカップ・アジア2次予選のシンガポール戦にて、1トップ(センターFW)の位置でスタメン起用されフル出場し、代表初得点を決めた。
2016年3月24日には同予選・アフガニスタン戦で、高校の先輩である岡崎慎司との初のアベック弾を決めた。しかし、8月25日に発表された同最終予選のUAE戦とタイ戦のメンバー選考の際、前述の8月20日のJリーグの試合で取った行為を代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチに「彼の態度は受け入れがたい」と問題視され、日本代表から追放された[22]。 上記の通り日本代表からの無期限の代表追放が続いていたが、2017年3月16日、最終予選のUAE戦、タイ戦のメンバー発表の際に、招集はされなかったものの、日本代表のバックアップメンバーに登録された。
引用元:金崎夢生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%B4%8E%E5%A4%A2%E7%94%9F

ナンマトル(Nan Madol[注釈 1])は、ミクロネシア連邦のポンペイ州に残る人工島群の総称であり、後述するように、その考古遺跡の規模はオセアニア最大とさえ言われる。人工島が築かれ始めたのは西暦500年頃からだが、ポンペイ島全土を支配する王朝が成立した1000年頃から建設が本格化し、盛期を迎えた1200年頃から1500年(または1600年)頃までに多数の巨石記念物が作り上げられていった。水路で隔てられた多数の人工島が作り出すその景観は、「太平洋のヴェニス」[3][4][5]、「南海(南洋)のヴェニス」[6][7][8]、「ミクロネシアのアンコールワット」[9]などとも呼ばれる。2016年には、UNESCOの世界遺産リストに登録されたが、マングローブの繁茂などといった遺跡保存への脅威から、危機遺産リストにも登録された。
日本ではナン・マドール、ナン・マタール、ナン・マトール等、複数の表記がなされる(後述)。なお、ナンマトル及び関連する固有名詞のカナ表記は揺れが非常に大きいので、この記事では便宜的に、現地音に近いカナ表記を採用したとする片岡, 長岡 & 石村 2017[10]の表記で統一する(ポンペイ島など、ウィキペディア日本語版上で記事が立っている一部の名詞を除く)。いくつかの固有名詞は、日本語文献における表記の揺れを注記したが、網羅的なものではない。

引用元:ナンマトル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%AB