「ベルトラン・ガショー」片山右京の元同僚


元エフワンレーサー
片山右京の元チームメイト
1991年にル・マン24時間で優勝
代役でシューマッハがデビュー
ベルトラン・ガショー(答)
オリビエ・パニス
マーク・ブランデル
アンドレア・デ・チェザリス
33%


エフワンレーサー
妻は元レースクイーンの遠藤賀子
片山右京の元チームメイト
骨折したシューマッハの代役
J・Jレート
ジャン・アレジ
ミカ・サロ(答)
ステファノ・モデナ


イギリスの元エフワンレーサー
1991年にル・マン24時間で優勝
国際F3000で大クラッシュ
エフワンで優勝3回
アレッサンドロ・ナニーニ
ジョニー・ハーバート(答)
デレック・ワーウィック
アンドレア・デ・チェザリス


エフワンレーサー
中嶋悟の元チームメイト
1987年にブラバムでデビュー
「シャイなイタリアン」
ステファノ・モデナ(答)


エフワンレーサー
中嶋悟の元チームメイト
1995年のカナダGPが唯一の優勝
後藤久美子
ジャン・アレジ(答)


エフワンレーサー
1996年のモナコGPが唯一の優勝
中野信治の元チームメイト
2003~2004年はトヨタに在籍
オリビエ・バニス(答)


イギリスの元エフワンレーサー
1992年にル・マン24時間で優勝
1984、1985年はルノーに所属
1993年は鈴木亜久里と同じチーム
デレック・ワーウィック(答)


エフワンの最多リタイア回数の記録を持ち、「壊し屋」とあだ名されたレーサーはアンドレア・デ・◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
チェザリス(答)


次のエフワンレーサーを
チームメイトになったことがある
日本人選手ごとに
グループ分けしなさい
【中嶋悟】ジャン・アレジ、ステファノ・モデナ
【鈴木亜久里】ミケーレ・アルボレート
【片山右京】マーク・ブランデル
引用元:「1989年日本GP」鈴木亜久里予選落ち、ナニーニ優勝 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/36106/

ベルトラン・ジャン・ルイ・ガショー(Bertrand Jean Louis Gachot 、1962年12月22日 – )は、フランス国籍の元F1ドライバー、実業家。1991年ル・マン24時間レースの優勝者である。
フランス国籍だが、ライセンスをベルギーで取得しているため、資料によってはベルギー人ドライバーとして紹介されていることもある[1]。
レーサー引退後は、エナジードリンクを製造・販売する飲料会社、Hype Energyを買収し、オーナー兼CEOを務めている[2]。

催涙スプレー事件[編集]
しかし、1990年12月10日に発生していた些細なトラブルにより、ガショーのレース人生は暗転する。ジョーダンチームのスポンサー役員との会合のためロンドン市内のホテルに向かっていた際に[5]、車の前に割り込んできたタクシーと接触し運転手と口論になり、相手の顔面に対してとっさに車内にあった痴漢撃退用催涙スプレーを噴霧した。先述のハンガリーGP後にサウスワーク刑事裁判所にてこの件の裁判が行われ、過剰防衛の罪で禁固18ヶ月、禁止薬物の所持で6ヶ月追加という実刑判決(陪審員による10対2という大差での有罪判決であった)を受け[6]、即時に刑務所に収監された。この護身用スプレーは恋人の車のドアに備えてあったもので、購入地のフランスでは合法だったが、イギリスの法律ではクロロベンジリデンマロノニトリルなど、いわゆる「催涙ガス」の所持・使用が禁止されていた。この処罰の重さに対してガショーに同情する声があがり、収監を受けイギリス国内やグランプリ開催中のスパ・フランコルシャンパドックでも”GACHOT WHY?”と銘打たれた釈放を嘆願する支援キャンペーンが支援者によって展開され、チームメイトのアンドレア・デ・チェザリスをはじめアラン・プロスト、ネルソン・ピケ、イヴァン・カペリ、ティエリー・ブーツェンやエリック・ヴァン・デ・ポールなども揃いのメッセージTシャツを着用しデモに参加[7]、当事者であるタクシー運転手もデイリー・ミラー誌のインタビューに「洋服代を弁償してくれればそれでよいのに、こんな騒ぎになって彼が気の毒」と同情的な回答を述べたが[8]、控訴審開始までの仮釈放申請が却下されたためにガショーはロンドン南部のブリクストン刑務所に収監され続けた。
控訴審を経て2ヵ月後にようやく釈放されるものの、ジョーダンには復帰できず。ベルギーGPでガショーの代役としてジョーダンに乗ったミハエル・シューマッハが衝撃的なF1デビューを果たしたことから、ガショーの存在は関係者から薄れてしまっていた。シートを失ったガショーが出所後に日本GPを訪れた際、ベネトンに移籍していたシューマッハから「あなたに起こったことを本当に気の毒に思います。できることがあったら何でも言ってください」と慰められたという[9]。
引用元:ベルトラン・ガショー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC

ミカ・ユハニ・サロ(Mika Juhani Salo, 1966年11月30日 – )は、フィンランド出身の元F1ドライバー。
妻は日本人で元レースクイーンのノリコ・サロ(遠藤賀子)。

BAR / フェラーリ[編集]

1999年イタリアGPにてフェラーリ・F399に乗るサロ
1999年は所属先が見つからないまま迎えたが、サロのF1キャリアの中で最も注目を浴びるシーズンとなった。
まず、ブラジルGPでクラッシュして欠場を余儀なくされたリカルド・ゾンタの代役として3レースに出場。デビューシーズンで全くの不振に終わったBARのシーズン最高成績(7位)を記録する。
イギリスGPではミハエル・シューマッハが脚を骨折。後半戦の欠場が決まると、またしてもサロが代役としてフェラーリのシートを得ることになった。2戦目のドイツGPではレース中盤にキャリア初の首位走行を果たすも、チャンピオン争い中のエディ・アーバインを勝たすためにチームオーダーを受け入れ、優勝を譲った。それでも、自身初の2位表彰台を獲得し、アーバインから感謝の印として優勝トロフィーを贈られた。その後、イタリアGPでも3位で表彰台を獲得し、シューマッハ不在のチームにおいて完璧な代役を務め、結果的には1999年のフェラーリのコンストラクターズタイトルへも貢献した。
このシーズンの助っ人としての働きが再評価され、翌年からレギュラーシートを取り戻すことになった。また、高い信頼を勝ち得たフェラーリとのコネクションはF1から引退した後のレースキャリアでも続くことになる。
引用元:ミカ・サロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%AD

ジョニー・ハーバート(John Paul Herbert 、1964年6月25日 – )は、イギリス生まれの元F1ドライバー。1991年ル・マン24時間レースの優勝者。2009年までスピードカー・シリーズに参戦していた。

F1以前[編集]
1987年にエディ・ジョーダン・レーシング (EJR) からイギリスF3に参戦し、シリーズチャンピオンを獲得。この年9月にはF1ベネトンチームのマネージャーであったピーター・コリンズからオファーを受け、初めてF1マシンをドライブ、当時ベネトンのレギュラードライバーだったティエリー・ブーツェンのタイムを上回り注目される。
1988年、EJRとともに国際F3000へステップアップし、開幕戦でデビューウィンを飾るなど速さを見せ、中盤には翌年からのF1ベネトンとの契約を結んだ。しかしその直後、ブランズハッチでのレース中にグレガー・フォイテクの運転を原因とする多重事故に巻き込まれて右足を複雑骨折した。この骨折の影響で、以後ハーバートの右足首は曲がらなくなり、アクセルワークは膝の屈伸で行うようになった。
引用元:ジョニー・ハーバート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88