「2000本安打」山崎裕之、土井正博


次のうち
プロ通算2000本安打を達成
している元プロ野球選手を
全て選びなさい
大下弘
山崎裕之(答)
近藤和彦
土井正博(答)
榎本喜八(答)
松原誠(答)
35%

2000本安打とは、日本プロ野球名球会の入会条件のひとつ。

概要
長年に渡ってレギュラーとして活躍した野手にとって、現役晩年の目標となる数字。特に生え抜き選手の2000本安打達成は球団にとっても一大イベントとなり盛り上がりを見せる。2016年終了時点で達成者は日米通算を含めて52名(松永浩美[1]を除く。日本のみでは47名で、報道での「史上○人目の2000本安打」という表記はこちら)。

達成すると名球会への入会が認められるが、落合博満のように拒否した選手もいる。またMLBに移籍した日本人選手については日米通算でも名球会入りは認められる。

外国人選手でも達成すれば入会できることになっており、2013年に横浜DeNAのアレックス・ラミレスが初めて外国人選手で通算2000本安打を達成した。なおMLBと日本の通算で2000本に達している外国人選手はウォーレン・クロマティなど何人かいるが、NPBでの記録をスタート地点とするためMLBからやって来た外国人選手は名球会には勧誘されておらず、一般的に2000本安打達成者とも見なされない。ラミレスはMLB通算86安打で2012年シーズン中に日米通算2000本安打を達成したが、達成時に横浜スタジアムでスルーされるなど、2000本安打達成とは見なされなかった。また、元広島のアルフォンソ・ソリアーノは日本でのプレーは2年で一軍ではわずか2安打だったが、その後MLBを代表する打者となり2013年8月7日に日米通算2000本安打(内1998本がMLB)を達成した。非常に特殊なケースのため、名球会への入会については同年12月の総会で話し合われることになっていたが、結局うやむやのまま入会には至っておらず、名球会の公式サイトにも記載はない。
引用元:2000本安打とは (ニセンボンアンダとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/2000%E6%9C%AC%E5%AE%89%E6%89%93

■ 2017年9月3日(日) 現在
順位
選手 安打 実働期間 試合 打数
1張本 勲 3085 (1959-1981) 2752 9666
2野村 克也 2901 (1954-1980) 3017 10472
3王 貞治 2786 (1959-1980) 2831 9250
4門田 博光 2566 (1970-1992) 2571 8868
5衣笠 祥雄 2543 (1965-1987) 2677 9404
5福本 豊 2543 (1969-1988) 2401 8745
7金本 知憲 2539 (1992-2012) 2578 8915
8立浪 和義 2480 (1988-2009) 2586 8716
9長嶋 茂雄 2471 (1958-1974) 2186 8094
10土井 正博 2452 (1962-1981) 2449 8694
11石井 琢朗 2432 (1989-2012) 2413 8638
12落合 博満 2371 (1979-1998) 2236 7627
13川上 哲治 2351 (1938-1958) 1979 7500
14山本 浩二 2339 (1969-1986) 2284 8052
15榎本 喜八 2314 (1955-1972) 2222 7763
16高木 守道 2274 (1960-1980) 2282 8367
17山内 一弘 2271 (1952-1970) 2235 7702
18大杉 勝男 2228 (1965-1983) 2235 7763
19大島 康徳 2204 (1971-1994) 2638 8105
20若松 勉 2173 (1971-1989) 2062 6808
20新井 貴浩 2173 (1999-2017) 2309 7800
22稲葉 篤紀 2167 (1995-2014) 2213 7578
23広瀬 叔功 2157 (1956-1977) 2190 7637
23秋山 幸二 2157 (1981-2002) 2189 7997
25宮本 慎也 2133 (1995-2013) 2162 7557
26清原 和博 2122 (1986-2008) 2338 7814
27小笠原 道大 2120 (1997-2015) 1992 6828
28前田 智徳 2119 (1990-2013) 2188 7008
29谷繁 元信 2108 (1989-2015) 3021 8774
30中村 紀洋 2101 (1992-2014) 2267 7890
31古田 敦也 2097 (1990-2007) 2008 7141
32松原 誠 2095 (1962-1981) 2190 7579
33松井 稼頭央 2084 (1995-2017) 1883 7151
34山崎 裕之 2081 (1965-1984) 2251 7845
35藤田 平 2064 (1966-1984) 2010 7217
36谷沢 健一 2062 (1970-1986) 1931 6818
37江藤 慎一 2057 (1959-1976) 2084 7156
37有藤 道世 2057 (1969-1986) 2063 7303
39加藤 英司 2055 (1969-1987) 2028 6914
40和田 一浩 2050 (1997-2015) 1968 6766
41小久保 裕紀 2041 (1994-2012) 2057 7474
42新井 宏昌 2038 (1975-1992) 2076 7011
43荒木 雅博 2023 (1997-2017) 2166 7556
44野村 謙二郎 2020 (1989-2005) 1927 7095
45阿部 慎之助 2019 (2001-2017) 2072 7085
46柴田 勲 2018 (1962-1981) 2208 7570
47ラミレス 2017 (2001-2013) 1744 6708
48田中 幸雄 2012 (1986-2007) 2238 7673
49駒田 徳広 2006 (1983-2000) 2063 6941
引用元:歴代最高記録 安打 【通算記録】 | NPB.jp 日本野球機構 http://npb.jp/bis/history/ltb_h.html