マルシャ


以前は「ヴァージン・
レーシング」という名称だった
エフワンに参戦している
レーシングチームは?
ナムシンス
ーャマロル
マルシャ(答)
24%


2010年からGP2に参戦
2013-14年にマルシャから参戦
デビューから25戦連続完走
イギリス人F1レーサー
ジュール・ビアンキ
シャルル・ピック
エステバン・グティエレス
マックス・チルトン(答)
引用元:「マックス・チルトン」デビューから25戦完走 マルシャ http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/36115/

058ictMRFQ
2010年にエフワンデビュー
2009年までGP2に参戦
ブラジル人
2010年はヴァージンに所属
ブルーノ・セナ
ニコ・ヒュルケンベルグ
ルーカス・ディ・グラッシ(答)
カルン・チャンドック

引用元:ルーカス・ディ・グラッシ「ブラジルのF1ドライバー」「2010までヴァージン」 ニコ・ヒュルケンベルグ「フォース・インディアのリザーブ」「2010ウィリアムズ」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/23212/

マノー・マルシャF1チーム (英: Manor Marussia F1 Team) は、2012年から2015年まで参戦していたイギリスのF1コンストラクター。2010年より参戦していたヴァージン・レーシングがマルシャ・モーターズにチーム株式を売却し、2011年にマルシャ・ヴァージン・レーシング (英: Marussia Virgin Racing) 、2012年から2014年はマルシャF1チーム (英: Marussia F1 Team)という名称で参戦していた。

概要[編集]
元のチームはヴァージン・レーシング時代と同様にチーム代表者であるジョン・アルフレッド・ブースが1990年に設立した「マノー」が起源となる。 彼が2010年よりヴァージン・グループのリチャード・ブランソンがマノーのチーム株式を買収してタイトルスポンサーの使用権を獲得したことによりチーム名を「ヴァージン・レーシング」としてF1チームを立ち上げた後、同年11月11日には今度はロシアの自動車会社であるマルシャ・モーターズがヴァージンからチーム株式の一部を買収した事で2011年シーズンより「マルシャ・ヴァージン・レーシング」としてエントリーした[1][2]。 この結果、経営陣も再編され昨年の3月までフォース・インディアに在籍していたイアン・フィリップスがCOOとして就任。その他にニコライ・フォメンコを取締役、最高経営責任者にマルシャからアンディ・ウェッブ、会長にグレイム・ロードンが就任した[3]。 また、マルシャとの提携によってチーム国籍がイギリスからロシアへ変更され[4]、2011年11月にチーム名も「マルシャ・レーシング」に変更した。
2014年10月、資金難のため管財人の管理下に置かれ、終盤3戦を欠場するなどチーム消滅の危機に陥ったが、投資家の手により再建[5]。チーム名は「マノー・マルシャF1チーム」に、チーム国籍もイギリスに変更された。
2015年シーズン終了後にチーム代表のブースとロードンがチームを去り、チーム名を「マノー・レーシング」に変更。これに伴いコンストラクター名も「マノー」(シャシー名はMRT)に変更されたため、コンストラクターとしてのマルシャの活動は終了した。
引用元:マルシャF1チーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3F1%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0