舛田圭太


バドミントンの全日本総合
選手権・男子シングルスを
1998年から2002年まで
5大会連続で制した選手は?
佐藤圭太
坂束翔介
舛本修一
舛田圭太
13%
ますだけいた

舛田 圭太(ますだ けいた、1979年2月27日 – )は、石川県出身の日本のバドミントン選手(既に現役引退)。現在はコーチ。金沢市立犀生中学校-金沢市立工業高等学校-日本体育大学を経てトナミ運輸で活躍。現在はトナミ運輸にコーチとして籍を置きながら、主に2009年に就任した日本代表ナショナルチームコーチ(担当は主に男子シングルス)として活躍している。シドニー五輪・アテネ五輪・北京五輪3大会日本代表。身長174cm、体重75kg。右利き。

概要[編集]
日本国内最高峰の大会である全日本総合バドミントン選手権大会で、男子シングルス優勝5回(5連覇)、男子ダブルス優勝5回(2連覇&3連覇)、混合ダブルス優勝4回(4連覇)、全種目通算14回(最多記録)の優勝を果たした。日本のバドミントン選手では初めて3度(最多記録タイ)のオリンピック出場を果たしており、その種目を問わない高いユーティリティ性と長年日本の頂点に君臨していた実績から、日本バドミントン史上最高の選手との呼び声も高い選手である。

1997年に日本体育大学に進学し、シングルスではライバルであり、国際大会などではダブルスを組んでいた八代東高校出身の大束忠司と同僚となる。同年の全日本総合バドミントン選手権大会で男子シングルスの決勝に進み準優勝。1998年の全日本総合バドミントン選手権大会の男子シングルスでついに初優勝を飾る。さらに男子ダブルスも制し、2冠を達成する。以後、男子シングルスは2002年まで5連覇(史上2人目)、男子ダブルスは1999年も制し2連覇し、2年挟んで2002年から2004年まで3連覇を果たす。
引用元:舛田圭太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9B%E7%94%B0%E5%9C%AD%E5%A4%AA