「小田原評定」(小田原城)石垣から鴨





次のうち、いつになっても
結論が出ない会議や相談を
表すことわざの由来となった
城はどれ?
1五稜郭
2弘前城
3皇居
4小田原城(答)
45%
小田原評定





次のうち
小田原城はどれ?
1小田原城(答)
2皇居
3弘前城
4五稜郭

115GRLeSEiQJd
山上武夫作詞の唱歌
『お猿のかごや』でかごやが
ぶらさげているのは◯◯◯提灯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
おだわら(答)
「小田原提灯」おだわらぢょうちん
引用元:「小田原」提灯 山上武夫作詞『お猿のかごや』に登場 JR小田原駅のメロディに http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/7466/



次の箱根駅伝の中継所を
往路で通過する順に選びなさい
鶴見中継所
戸塚中継所
平塚中継所
小田原中継所

290ywyeORGuHN
次の城の写真を
築城されたのが
早い順に選びなさい
(画像選択肢)
C 会津若松城 1384
D 小田原城 1417
A 松本城 1504
B 和歌山城 1584
引用元:姫路城、会津若松城、犬山城、和歌山城 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/35164/

小田原城(おだわらじょう)は、神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城(平山城)で、北条氏の本拠地として有名である。江戸時代には小田原藩の藩庁があった。城跡は国の史跡に指定されている。

概要[編集]
北条氏は、居館を今の天守の周辺に置き、後背にあたる八幡山(現在の小田原高校がある場所)を詰の城としていた。だが、建築者は、不明である。 居館部については北条氏以前の大森氏以来のものとするのが通説であるが、大森氏時代にはより東海道に近く15世紀の遺構が実際に発掘されている現在の三の丸北堀付近にあったとする異説もある。3代当主北条氏康の時代には難攻不落、無敵のお城といわれ、上杉謙信や武田信玄の攻撃に耐えた。江戸時代に居館部が近世城郭へと改修され、現在の小田原城址の主郭部分となったが、八幡山は放置された。そのため、近世城郭と中世城郭が江戸期を通して並存し、現在も両方の遺構が残る全国的に見ても珍しい城郭である。
最大の特徴は、豊臣軍に対抗するために作られた広大な外郭である。八幡山から海側に至るまで小田原の町全体を総延長9キロメートルの土塁と空堀で取り囲んだものであり、後の豊臣大坂城の惣構を凌いでいた。1614年(慶長19年)、徳川家康は自ら数万の軍勢を率いてこの総構えを撤去させている。地元地方の城郭にこのような大規模な総構えがあることを警戒していたという説もある。ただし、完全には撤去されておらず、現在も北西部を中心に遺構が残る。古地図にも存在が示されており、小田原城下と城外の境界であり続けた。明治初期における小田原町の境界も総構えである。

引用元:小田原城 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%9F%8E

小田原評定(おだわらひょうじょう)は、戦国大名の後北条氏における重臣会議のこと。月2回開かれ、諸事を決した行政機構である。

故事成語としての小田原評定[編集]
小田原合戦時のこと、戦術をめぐる評議における論争で、老臣松田憲秀は籠城を主張したのに対し、北条氏康の四男である北条氏邦は箱根に出撃する野戦を主張して意見が分かれ、また降伏に際しても仲介ルートの選択で結論が出るまで意見が分裂したと言われている通説である。
この故事から、現在では小田原評定という言葉は「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味での比喩表現として使われる[3][4]。

この故事の小田原評定は臨時評定であり、史料で確認できるものとしては、天保8年(1841年)成立の『改正三河後風土記』があり、前年天正17年11月付けの秀吉からの宣戦布告を受けての

天正18年(1590年)1月 – 「籠城」か「出撃」か。
天正18年(1590年)6月 – 「降伏」か「決戦」か。

であって、それぞれに大勢があって落着し、その後の仕儀になった。

一般的イメージや風説で流布しているような、いつまでも結論が出ないという意味での使用は、享保11年(1726年)成立の『関八州古戦録』で、19世紀初頭の小山田与清『松屋筆記』、『管窺武鑑(越後史集 上杉三代軍記集成)』などがあり、この三巻をもって故事のような通説が浸透していったとみられている[5]。このような通説が成り立った理由として、戦国大名に強い独裁権があったとした上で、その滅亡の理由を、大名個人の性質によるものとする「滅亡の論理」の明解さを求める心理が根底にあるという説がある[5]。
引用元:小田原評定 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E8%A9%95%E5%AE%9A