「高原直泰(なおひろ)」ブンデスリーガでハットトリック




イングランド・プレミアリーグの
公式戦で初めてハットトリックを
記録した日本人サッカー選手は
香川真司ですが

ドイツ・ブンデスリーガの
公式戦で初めてハットトリックを
記録した日本人サッカー選手は?
フルネームで答えなさい
たかはらなおひろ(答)
12%
高原直泰

021kjvvhbzCqw
Jリーグ史上初めてPK、直接Fk、
直接CKの3種のセットプレーで
ハットトリックを決めた選手は
マルシオ・◯◯◯◯◯◯?
デャスシリル
リシャルデス(答)
「マルシオ・リシャルデス」
引用元:マルシオ・「リシャルデス」 PK・FK・CKセットプレーでハットトリック達成 http://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/14381/

277lqfxsyc
サッカーW杯の決勝で
史上初めてハットトリックを
達成した、元イングランド代表
のFWはジェフ・◯◯◯◯?
ンケスハマ
ーペトルコ
ハースト(答)
「ジェフ・ハースト」
Sir Geoffrey Charles Hurst MBE
引用元:ジェフ・「ハースト」 1966W杯決勝でハットトリック達成 元イングランド代表 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/19960/

高原 直泰(たかはら なおひろ、1979年6月4日 – )は、静岡県三島市出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。元日本代表。
2002年にJリーグMVPとJリーグ得点王を獲得。2006年にはFIFAワールドカップに出場。

ハンブルガーSV時代[編集]
ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVのオファーを受けて完全移籍。一年目で連続無失点記録を継続中だったオリバー・カーン擁するバイエルン・ミュンヘン相手に得点を決めるなどし、リーグ戦を16試合(先発は12試合)3得点で終える。翌2003-04シーズンは、リーグ戦29試合(先発22試合)に出場するも2得点という結果に終わる。2004-05シーズン、トーマス・ドルが監督に就任するとシーズン序盤は先発から外れるも、第6節のヘルタ・ベルリン戦で2得点を記録し、レギュラーを獲得。リーグ戦31試合(先発は26試合)に出場し、FW中最多の7得点を挙げた。翌2005-06シーズンはリーグ戦21試合(先発は6試合)出場1得点で終えた。
2006年ドイツW杯アジア1次予選にFW中最多出場でシンガポール戦で1得点を挙げる。最終予選は第3戦まで連続で出場するが無得点で、その後は負傷を理由に欠場し、FIFAコンフェデレーションズカップ2005にも出場しなかった。
アイントラハト・フランクフルト時代[編集]
2006年5月、ドイツ・ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトへ3年契約で移籍。ワールドカップ地区予選終了後は欧州リーグ所属のため代表招集の機会は限られる中、テストマッチ出場5試合で3得点を挙げ、6月に2006年ドイツW杯のメンバーに選出される。開幕前に行われた強化試合でも地元ドイツ相手に2得点を挙げる活躍で、エースストライカーとして本大会に臨む形となったが、グループリーグ3試合で無得点に終わった。12月3日、アレマニア・アーヘン戦で3得点を挙げ、ブンデスリーガにおける日本人初のハットトリックを達成するなど、1ヶ月で6得点を挙げる。
2007年、5月5日のホームのアーヘン戦で得点を決め、自己記録更新中の同リーグシーズン通算得点を11とした。また、欧州主要リーグでの年間二桁得点の達成は、1998-99シーズンに中田英寿(ペルージャ)が達成して以来の快挙であった。この活躍もあってフランクフルトは1部に残留を決める。この年のフランクフルトサポーターが選ぶMVPにも選出された。3月24日、キリンチャレンジカップ、ペルー戦で代表に復帰し、オシムジャパン体制で初得点を挙げる(試合は2-0で勝利)。アジアカップでは4得点を挙げ、アジアカップにおいて日本人初の得点王に輝くが、2007-08シーズンはひざのケガでスタートが出遅れ、またフリードヘルム・フンケル監督との起用法における対立もあり、出場機会が激減した。その後、岡田ジャパン体制になってからは代表に呼ばれなくなった。
引用元:高原直泰 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%8E%9F%E7%9B%B4%E6%B3%B0

香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 – )は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー[2]、フォワード[3]。

マンチェスター・ユナイテッド 時代[編集]

マンチェスター・ユナイテッド時代(2012年)の香川(写真右)のトレーニング風景
2012年6月5日、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドFCへの香川の完全移籍に関してドルトムント及びマンチェスター・ユナイテッドの双方が合意したことが両クラブから発表された[45][46]。香川は同月22日にメディカルチェックをパスし、英国の労働許可証を取得した上でマンチェスター・ユナイテッドと正式に契約を結んだ。契約期間は2012年7月1日からの4年間[47]、背番号はC大阪在籍時にも着用していた26番に決まった[48]。2012年8月20日のリーグ開幕戦エヴァートンFC戦でプレミアリーグへのデビューを果たすと、第2節フラムFC戦でプレミアリーグ初得点を決めた。10月23日、チャピオンズリーグ・グループリーグ第3節SCブラガ戦で左膝を負傷して2カ月の間戦列から離れたが、12月29日のウェストブロム戦で復帰を果たした。2013年2月13日、チャピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリード戦で先発にて出場し、チームのアウェイゴール獲得に貢献した。この試合で香川は同大会の決勝トーナメント出場を果たした5人目の日本人選手となった。その後2ndレグでは出場機会を与えられず、チームも敗退した。3月2日のノリッジ・シティFC戦では自身のヨーロッパ移籍後初、プレミアリーグにおいてはアジア出身選手による初のハットトリックを達成した[49]。このシーズン、マンチェスター・ユナイテッドは2シーズンぶりのリーグ優勝を達成し、香川自身も欧州移籍後3シーズン連続でリーグタイトルを獲得した。
引用元:香川真司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%9F%E5%8F%B8