ドリュー・ブリーズ


2010年にニューオーリンズ・
セインツを、初のNFL
スーパーボウル制覇へと導いた
クォーターバックは?
ブドーュリーリズ・
ドリュー・ブリーズ(答)
42%
Drew Brees

ドリュー・ブリーズ(Drew Brees、1979年1月15日 – )はテキサス州ダラス出身のアメリカンフットボール選手。NFLのニューオーリンズ・セインツに所属している。ポジションはQB。
パデュー大学を卒業後、2001年のNFLドラフト2巡でサンディエゴ・チャージャーズに入団、これまでに2004年、2006年、2008年、2009年と4回プロボウルに選出されている。2004年にはカムバック賞、2008年には最優秀攻撃選手に選ばれた。第44回スーパーボウルでは2TDパスを投げてMVPを獲得した。

大学時代[編集]
テキサス州出身であったが身長が低かったことから州内の大学からは声がかからずインディアナ州にあるパデュー大学へ進学した[2]。在籍中、パス獲得11,792ヤード、90タッチダウンパス、12,693総獲得ヤード、パス試投1,678、パス成功数1,026などビッグ・テン・カンファレンスの新記録を多く作った。2001年にはチームを1967年以来となるローズボウル出場に導いた。1999年にはカレッジフットボール最優秀QBに与えられるデイビー・オブライエン賞のファイナリストとなった。2000年にはマックスウェル賞を受賞、ハイズマン賞の投票では1999年に4位、2000年に3位となった。

>ディビジョナルプレーオフでアリゾナ・カージナルスを破り、NFCチャンピオンシップゲームではミネソタ・バイキングスと対戦した。この試合で彼はパス31回中19回成功で191ヤードを獲得、3タッチダウンをあげて勝利に貢献、インディアナポリス・コルツとの第44回スーパーボウル出場を決めた。スーパーボウルではパス39本中32本を成功、288ヤード獲得で2TDパスを決めてMVPに選ばれた[15]。
この年彼はプロボウル選出、バート・ベル賞、シーズンMVP投票では2位となった[16]。シーズンを通したパス成功率は70.62%となりNFL新記録となった[17][18]。
引用元:ドリュー・ブリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA