「興梠慎三」鵬翔高出身 鹿島でデビュー


鵬翔高校出身
2013年から浦和レッズでプレー
ポジションはFW
鹿島アントラーズでデビュー
宇賀神友弥
槙野智章
那須大亮
興梠慎三(答)
53%


U-20W杯では髪を真っ赤に
ポジションはDF  
2009年にフル代表初進出 
ドイツのケルンでもプレー
槙野智章(答)

興梠 慎三(こうろき しんぞう、1986年7月31日 – )は、宮崎県宮崎市出身のサッカー選手。浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはフォワード(FW)。

プロ入り前[編集]
小学生時代、第7回全日本少年フットサル大会に出場した経験がある。同じ少年チームにいた伊野波雅彦は当時の興梠について「ゴールを決めまくっている印象しかない」と語っており、宮崎県内では非常に有名なサッカー少年であった[1]。
中学三年時に高校の一般入試に落ち、高校進学について悩んでいた頃、鵬翔高校の松崎博美監督からの誘いを受け、鵬翔高校へ入学する[2]。
高校入学後サッカー部に入部するも、厳しい練習や上下関係に耐えられず、一時期部活に行かなかった時期がある。しかし、松崎監督の説得でサッカーを続け、1学年上の増田誓志とともに全国大会に出場した[1]。
鹿島アントラーズ[編集]
高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が回ってきた第28節ヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場時間で貴重な得点を多く挙げた。
引用元:興梠慎三 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E6%A2%A0%E6%85%8E%E4%B8%89

那須 大亮(なす だいすけ、1981年10月10日 – )は、鹿児島県南さつま市出身のサッカー選手。Jリーグディヴィジョン1(J1)の浦和レッドダイヤモンズに所属。ポジションはDF(CB、SB)、MF(DH)。

鹿児島実業高等学校を経て、2002年、駒澤大学3年時に、大学生Jリーガーとして横浜F・マリノスに入団。1年目は出場1試合にとどまった。
2003年、横浜FMに岡田武史監督が就任。中盤でのアンカー役となれる選手を求めていた同監督は、2002年に浦和レッズで現役引退したマリノスOB・井原正巳の推薦の下、浦和から獲得した河合竜二を起用しようとした。しかし河合のコンディションが万全ではなく、苦肉の策としてセンターバックの那須を起用することを決定。このコンバートが那須にとって重要な転機となった。
与えられたポジションは本職ではなかったが、持ち味であるディフェンス力でチームに貢献。試合出場を重ねる中で、チームの中心選手へと成長を遂げた。当時の日本代表エースである久保竜彦を獲得し優勝を目指していたチームにおいて、J1完全制覇の立役者となっただけでなく、自身も新人王のタイトルを獲得した。また、同年8月にはしばらく遠ざかっていたU-22日本代表にも復帰。存在感を徐々に増していった。
引用元:那須大亮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E5%A4%A7%E4%BA%AE

宇賀神 友弥(うがじん ともや、1988年(昭和63年)3月23日 – )は、埼玉県戸田市出身のサッカー選手。ポジションは左サイドハーフ、左サイドバック。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。日本代表。

中学・高校年代ではジュニアユース・ユースと浦和レッズの下部組織に所属。同期には堤俊輔、西澤代志也、小池純輝らがいた。トップ昇格を果たせず、流通経済大学に進学。 流通経済大学サッカー部でも当初はRKU-19、20、21、22 (サテライトチーム)からのスタートでクラブ・ドラゴンズ (社会人チーム)流通経済大学FC(社会人チーム) を経てトップチーム (学生リーグ用) に昇格した。
2009年シーズン途中に流通経済大学に在籍しながら、特別指定選手として浦和にトップチーム登録された[1]。
その後、アビスパ福岡からのオファーもあったが、2009年10月21日、2010年シーズンより正式に浦和に加入する事が発表された[2]。ユース→大学→トップチームという経歴の選手は、浦和では宇賀神が初となる。
引用元:宇賀神友弥 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E8%B3%80%E7%A5%9E%E5%8F%8B%E5%BC%A5

槙野 智章(まきの ともあき、1987年5月11日 – )は、広島県広島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー。高校時代はサンフレッチェ広島ユースに所属。日本代表。

2000年にサンフレッチェ広島ジュニアユースに入団。同期には森重真人、左山晋平などがいる。当初はFWのポジションでプレーし、森重や平繁龍一と2トップを組んでいたが、トップ下、サイド、ボランチなど様々なポジションを経て、中学3年次にコーチの月岡利明によりセンターバックにコンバートされた[2]。
2003年にユースチームに昇格。ユース時代からの同期には柏木陽介、木原正和、福本尚純がいる。2年次からセンターバックとしてレギュラーを獲得し、ユースレベルでの3大大会の全てで決勝に進出し2冠達成に貢献した。一学年上の藤井大輔と組んだセンターバックは森山佳郎監督から「同世代には絶対に破れない」と賞賛された。3年次には広島ユースおよびおかやま国体における広島県選抜の主将を務めた。各年代別代表にも招集されここでも主将を務め中心選手として活躍した[2][3]。
サンフレッチェ広島[編集]
2006年に柏木、橋内優也、趙佑鎮と共にサンフレッチェ広島のトップチームに昇格。同年11月に開催されたAFCユース選手権2006および翌2007年7月に開催された2007 FIFA U-20ワールドカップでは福元洋平とセンターバックでコンビを組み、守備の要として、またムードメーカーとしても活躍した。カナダで開催されたU-20ワールドカップ本大会では髪を赤に染めていたが、これは当時広島でチームメイトだった戸田和幸のFIFAワールドカップ・日韓大会でのヘアースタイルを真似たものである。現地では「ジャパニーズ・ベッカム」と評され注目を集めた。2009年にA代表に初招集されたときにも同様の髪型にしている[4][5]
引用元:槙野智章 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A7%99%E9%87%8E%E6%99%BA%E7%AB%A0