「花形進」チャチャイを倒しWBAフライ級王者 協栄河合ジム


元WBA世界フライ級王者
現役時代は協栄河合ジムに所属
世界王者・大場政夫とも対戦
チャチャイを倒し世界王者に
ロイヤル小林
花形進(答)
上原康恒
中島成雄
38%


元WBA世界Jライト級王者
現役時代は協栄ジムに所属
沖縄県那覇市出身
セラノを倒し世界王者に
上原康恒(答)

連想
現役時代はヨネクラジムに所属
元WBC世界Jフライ級王者
金性俊を倒して世界王座獲得
イラリオ・サパタに敗れ王座陥落
中島成雄(答)

連想
プロ入り前にミュンヘン五輪出場
元WBC世界Jフェザー級王者
現役時代は国際ジムに所属
愛称は「KO仕掛け人」
ロイヤル小林(答)

花形 進(はながた すすむ、1946年1月21日 – )は、日本の元プロボクサー。神奈川県横浜市出身。第12代WBA世界フライ級王者。右ボクサーファイター。現役時代は横浜協栄ボクシングジム(現・オーキッド・カワイ・ボクシングジム)所属。現在は花形ボクシングジム会長。

>世界王座獲得[編集]
1974年10月18日 チャチャイ・チオノイの持つWBA世界フライ級王座に挑戦。この試合前の当日計量ではチャチャイが体重超過により王座剥奪となっていた。前王者となったチャチャイに6回KO勝ちを収め、5度目の世界挑戦で王座を獲得した[5]。
引用元:花形進 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%BD%A2%E9%80%B2

上原 康恒(うえはら やすつね、1950年10月12日 – )は、日本の元プロボクサー。沖縄県那覇市出身。第20代WBA世界スーパーフェザー級、日本スーパーフェザー級王者。右ボクサーファイター。
沖縄中央高校3年時にインターハイ優勝、日本大学在学時にはライト級、ライトウェルター級の2階級を制覇し専修大学のエース風間清と数回対戦。アマチュア通算117勝(87RSC)8敗と抜群の成績を残し、協栄ボクシングジムと当時日本プロボクシング史上最高となる契約金1,000万円で契約した[1]。最初の世界戦で敗北し、以後挑戦機会に恵まれなかったが、30歳にして敵地で王座奪取を果たした。実弟であるフリッパー上原も元プロボクサー。
引用元:上原康恒 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E5%BA%B7%E6%81%92

中島 成雄(なかじま しげお、男性、1954年1月18日 – )は、日本の元プロボクサー。茨城県出身。ヨネクラボクシングジム所属。WBC世界ライトフライ級王者。駒澤大学卒業。大学出身としてロイヤル小林に続く世界王者第2号。
世界初挑戦時のトレーナーはジョー小泉が務めた。才能は申し分なかったが、暢気な性格がボクシングには災いし長期政権を築くことができなかった。試合前には、米倉会長は自宅近くのアパートに住まわせ、ロードワークのために毎朝起こしに行っていたという。
引用元:中島成雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E6%88%90%E9%9B%84

ロイヤル小林(ロイヤルこばやし、本名:小林 和男(こばやし かずお)、1949年10月10日 – )は、日本の男性プロボクサー。熊本県下益城郡出身[1]。WBC世界スーパーバンタム級、OPBF東洋太平洋フェザー級王者。ミュンヘンオリンピック(1972年)日本代表。

来歴[編集]
拓殖大学卒業後、自衛隊体育学校でボクシングを始め、アマチュアのトップ選手としてミュンヘンオリンピックに出場、ベスト8の成績を残す。アマ通算34勝 (28RSC) 3敗、KO率8割2分という記録を引っ提げてプロ入り。国際ジムからプロデビュー後もKOの山を築き、「KO仕掛人」の異名を持った屈指のハードパンチャーであった。
プロではWBC世界ジュニアフェザー級(現スーパーバンタム級)王者になったが、その一方でアレクシス・アルゲリョ、ウイルフレド・ゴメス、エウセビオ・ペドロサなど、その当時に最強を謳われた世界王者を日本に招聘して世界王座に挑戦した試合の方がボクシングファンには印象深いボクサーである。
引用元:ロイヤル小林 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E5%B0%8F%E6%9E%97