コミッセール


自転車競技の競技役員のこと
コミッセール(答)
72%
Commissaire

コミセール (Commissaire) またはコミッセールとは、自転車競技における競技役員の名称。世界選手権などではUCIの任命、そのほかの国際大会や世界選手権における補佐などは各主催国連盟(日本では日本自転車競技連盟)により大会に派遣される。

概要[編集]
競技運営にも関わる部分が多く、日本語での“審判員”とは少々異なる存在。種目により異なるが5名程度のパネル(団)として内1名がプレジデント(長)となり、競技進行を行う。
国際的には、UCIが講習・試験による資格者を認定しており、国際コミセールと呼ばれ、66ヶ国に約650名がおり内アジアには79名。種目別では、ロード・トラックレース310、マウンテンバイク165、BMX75、シクロクロス277、インドア77、トライアル31名(重複者あり)となっている。(2005資料)
国際コミセールについてはUCIの競技規則に、また各国のナショナル・コミセールは各国連盟競技規則により規定されている。
引用元:コミセール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB

サイクルロードレースには選手の他にチームカーや関係車両、先導バイクなど、多くの車両や隊列を成している。これらレース全体の統括を行っているのが「コミッセール」と呼ばれる審判団で、スムーズに競技が行われるよう常に気を配っている。今回は22歳という若さで数々の国際レースのコミッセール経験を持ち、ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)でも活躍している山田里奈さんに業務の実態や、将来の目標を取材した。
引用元:22歳でTOJのコミッセールを務める山田里奈さん 将来はUCIチーフコミッセールへ – cyclist http://cyclist.sanspo.com/258216