カカウ


2014年8月にJリーグの
セレッソ大阪に入団した
前シュトゥットガルト所属の
元ドイツ代表FWは?
スムカウ
ゴタバメ
カカウ(答)
23%
Cacau

カカウ(Cacau)ことクラウデミール・ジェロニモ・バレット(Claudemir Jerônimo Barretto[2][3][4][5], 1981年3月27日 – )は、ブラジル・サンパウロ州サント・アンドレ出身の元サッカー選手。元ドイツ代表。ポジションはフォワード。
2009年2月にドイツ国籍を取得し同年5月の中国との親善試合でドイツ代表デビュー、2010年に2010 FIFAワールドカップに出場した[6]。

代表[編集]
ブラジル生まれであるが、ブラジル代表に招集されることはなかった。1999年からのドイツ在住歴が8年を超え[17]、2009年2月にブラジルとの二重国籍という形でドイツ国籍を取得[18][19]。同年5月19日、ヨアヒム・レーヴ監督によってドイツ代表への招集が発表され[20]、5月29日の中国との親善試合(1-1)でマリオ・ゴメスとの交代で途中出場してドイツ代表初出場を果たした[21]。4日後のアラブ首長国連邦(UAE)戦(7-2)にはルーカス・ポドルスキに代わって後半開始から出場し、ハットトリック達成となったゴメスの得点をアシストした[22]。2010年5月13日、マルタとの親善試合(3-0)では代表初得点を含む2ゴールを挙げ[23]、クラブでの活躍などもあって2010 FIFAワールドカップに出場するドイツ代表メンバーに名を連ねた[24]。グループリーグ初戦のオーストラリア戦(4-0)に途中出場し、投入直後にホルガー・バトシュトゥバーのアシストから駄目押しとなる4点目を挙げた[25][26]。この試合の終盤には転倒がシミュレーションと判断されてイエローカードを受けた[27][28][29]。2戦目のセルビア戦(0-1)は70分にメスト・エジルに代わって途中出場し、3戦目のガーナ戦(1-0)は1トップで先発フル出場した。決勝トーナメント1回戦のイングランド戦(4-1)、準々決勝のアルゼンチン戦(4-0)、準決勝のスペイン戦(0-1)は出番がなかったが、3位決定戦のウルグアイ戦(3-2)には1トップとして先発出場して73分までプレーした。
引用元:カカウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%A6