「皐月賞」アルアイン「高松宮記念」セイウンコウセイ「FS」ゴールドドリーム


次のJRAのG1レースと
2017年の優勝馬の
正しい組み合わせを選びなさい
皐月賞───アルアイン
高松宮記念───セイウンコウセイ
フェブラリーステークス───ゴールドドリーム
-%

アルアインは、日本の競走馬である。2017年の皐月賞、毎日杯に優勝した。
馬名の由来は、アラブ首長国連邦アブダビ首長国の第二の都市「アル・アイン」から。

>迎えたクラシック三冠の一冠目、皐月賞では同父の牝馬ファンディーナが出走することで注目が集まる中、単勝オッズ22.4倍の9番人気にとどまる[2]。レースでは中団より前で進め、最終コーナーで前へ進出した。最後の直線では先に先頭に立ったダンビュライト (武豊)を捉えて先頭に立つと最後は追いすがるペルシアンナイト (M.デムーロ)を振り切りゴール。GI初制覇を飾った[2]。勝ちタイムは1分57秒8と、前年の皐月賞でディーマジェスティが記録したレースレコードをコンマ1秒上回り、また2015年の中山金杯でラブリーデイが記録した1分57秒8のコースレコードと同タイムだった。騎乗した松山弘平はこの勝利により中央GI初制覇となった。

エピソード[編集]
一口馬主のサンデーレーシング所有馬であるアルアインだが、元中日ドラゴンズの山本昌も出資していた (2014年からサンデーレーシング会員)[3]。
引用元:アルアイン (競走馬) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3_(%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC)

セイウンコウセイは、日本の競走馬である。2017年の高松宮記念に優勝した。

4歳[編集]
重賞初挑戦となったシルクロードステークスは好位追走から一旦は先頭に立つも後方から追い込んできたダンスディレクターにかわされ2着となる[1]。そして3月26日の高松宮記念は好位でレースを進め、最後の直線で抜け出すと馬場の内側から伸びてきたレッツゴードンキを1馬身1/4差抑えGI初制覇を果たした[2]。
引用元:セイウンコウセイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%BB%E3%82%A4

ゴールドドリームは、日本の競走馬である。2017年のフェブラリーステークスに優勝した。

4歳[編集]
2017年2月19日のフェブラリーステークスに2番人気で出走。中団追走から直線で抜け出すと最後はベストウォーリアとの競り合いを制しGI初制覇を飾るとともに前日に死亡した父ゴールドアリュールにささげる勝利となった[2]。
引用元:ゴールドドリーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A0