「把瑠都」一般公開型の断髪式


2014年に大相撲史上初となる
ファンも参加できる断髪式を
行った元力士は黒海である
×(答)
◯把瑠都

把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 – 、本名:カイド・ホーヴェルソン Kaido Höövelson )は、旧・エストニア・ソビエト社会主義共和国 (現在のエストニア共和国) レーネ=ヴィル県ラクヴェレ(ラエクヴェレ)郡ロフ村 (現在のラクヴェレ市)出身(出生地はヴァイケ・マーリヤ郡)、尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の元大相撲力士で、スウェーデン系エストニア人。得意技は右四つ・左四つ・寄り・投げ・吊り。大相撲力士引退後は、オフィス北野に所属し、タレント及び格闘家として活動している。血液型はA型。カタカナでバルトとも表記される。
最高位は東大関。四股名は母国エストニアが面するバルト海から[2]。凱斗の名は本名Kaido(カイド)の音に、日本で素晴らしいものをつかみ母国に凱旋してほしいという願いを込めた漢字をあてて、三保ヶ関親方が名づけた。史上初のエストニア出身力士関取。
2012年1月場所に唯一の幕内最高優勝を成し遂げ、綱獲りに挑んだこともあったが、過度の故障などに泣き同年11月場所限りで大関から陥落し、十両まで番付を下げた末に故障の悪化により2013年9月場所前に十両の地位で現役引退となった。

9月場所3日目、NHKテレビの大相撲中継・幕内取組時に特別ゲストとして生出演、現役時代の想い出話などを自らコメントしていた[34]。2014年2月8日には角界で例のない一般公開型の断髪式を行った[35][2]。
引退前より角界に残る意思はなかったと報じられており、今後はエストニアの観光客誘致活動や母国での牧場経営などに携わる見込みである[36]。 また、曙が全日本プロレスへの勧誘を行っており、プロレス転身も示唆されている[37]。
現役引退後は実業家となり、エストニアで旅行業や自動車整備会社、宿泊ロッジなど5つの事業を展開する[要出典][38][39]。2016年1月からはオフィス北野に所属し、タレントとしても活動している[40]。
引用元:把瑠都凱斗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%8A%E7%91%A0%E9%83%BD%E5%87%B1%E6%96%97