ミケーレ・「スカルポーニ」


2017年に交通事故でこの世を
去った、2011年のジロ・デ・
イタリアを制した自転車選手は
ミケーレ・◯◯◯◯◯◯?
ーポカニルス
スカルポーニ(答)
Michele Scarponi
-%

ミケーレ・スカルポーニ(Michele Scarponi、1979年9月25日 – 2017年4月22日)は、イタリア、フィロットラーノ出身の自転車競技(ロードレース)選手。

2011年[編集]
ランプレ – ISDに移籍。
ティレーノ〜アドリアティコ 総合3位 & ポイント賞 & 区間1勝(第4)
ミラノ〜サンレモ 6位
カタルーニャ一周 総合2位
ジロ・デル・トレンティーノ 総合優勝
Jersey pink.svg Jersey red.svg ジロ・デ・イタリアでは、山岳コースにおいてアルベルト・コンタドールに引き離されたが、前年のブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝者であるヴィンチェンツォ・ニバリを退け、総合2位に入った。なお、2012年2月6日、アルベルト・コンタドールがスポーツ仲裁裁判所(CAS)より、クレンブテロール陽性を認定されて2年間の出場停止処分が下され、2010年のツール・ド・フランス以降の記録が全て抹消されることを受け、スカルポーニが繰り上がってジロ・デ・イタリアの総合優勝者に認定される見通し[1]となったが、2012年4月26日ジロ・デ・イタリアのディレクター、ミケーレ・アクアローネはAP通信に対し、当年のジロ・デ・イタリア開幕ステージが行われるデンマークにて、スカルポーニに対するマリア・ローザ贈呈式を行うことを表明。これにより、スカルポーニの2011年ジロ・デ・イタリア総合優勝が確定した[2]。加えて、ポイント賞も獲得した。

2017年[編集]
ツアー・オブ・ジ・アルプス 区間優勝(第1ステージ)
4月22日、練習中にトラックと衝突し亡くなった[3]。
引用元:ミケーレ・スカルポーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%8B

翌朝(4月22日)スカルポーニは自宅から短いトレーニングライドに出発。午前8時5分、自宅近くのインドゥストリア通りの交差点で事故は発生した。フィロットラーノからの下りを走っていたスカルポーニが、57歳男性の運転する大型バンと正面衝突。周囲の運転手が駆けつけて118番(救急ダイヤル)通報を行い、その数分後には救急車が現場に到着した。同時にトッレッテ・ディ・アンコナの大型病院から救急ヘリコプターも出動している。しかし、救急救命士による蘇生処置もむなしく、スカルポーニが息を吹き返すことはなかった。ガゼッタ紙によると、正面衝突の衝撃によりスカルポーニは即死の状態。バン運転手の前方不注意が事故の原因だと伝えられている。

「書くことをはばかる大きな悲劇が起こってしまった」。事故の数時間後、アスタナチームはプレスリリースを出し、スカルポーニの死去を伝えた。チームのアレクサンドル・ヴィノクロフGMは「大きなショックを受けている。我々チームのメンバー全員や彼の家族、友人、同僚たちが深い悲しみに包まれている。ミケーレ・スカルポーニは偉大なチャンピオンだった。多大なる損失であり、この苦しみを表現する言葉が見つからない。アスタナチームの代表として、ミケーレの家族と友人たちに哀悼の意を表したい」とチームを代表するベテランの逝去を悼む。
引用元:トレーニング中に発生した悲劇 37歳でこの世を去ったミケーレ・スカルポーニ | cyclowired http://www.cyclowired.jp/news/node/229929