PFCベロエ・スタラ・ザゴラ


次の文字列を順に選んで
加藤恒平が所属する
ブルガリアのサッカー
クラブの名前にしなさい
ベロエ
スタラ
ザゴラ
-%

加藤 恒平(かとう こうへい、1989年6月14日 – )は、和歌山県新宮市出身のプロサッカー選手。 ブルガリアプロサッカーリーグ・PFCベロエ・スタラ・ザゴラ所属。ポジションは、ミッドフィールダー。日本代表。

帰国後の2012年2月中旬から3週間FC町田ゼルビアに練習生として参加し、3月正式に入団した[2]。しかしチームがJFLに降格したことに伴い、2013年1月に「上のカテゴリーでプレーしたい」という意志が強かったため、町田を退団することとなった[3]。
2013年8月、モンテネグロ1部リーグのFKルダル・プリェヴリャへ移籍[4]。在籍2シーズン目の2014-15シーズンにはリーグベストイレブンに選出される活躍で、チームを1部制覇に導いた[5]。
2015年6月、ポーランド1部リーグのTSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワへ移籍[5]。2015-16シーズン開幕戦でいきなりマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、その後も活躍を続けたものの、チームは2部に降格[6]。
2016年6月、ブルガリア1部リーグのPFCベロエ・スタラ・ザゴラへ移籍[6]。
2017年5月25日、日本代表に初選出された[7]が、同年6月7日のシリアとの親善試合には出場せず、6月13日のFIFAワールドカップ・アジア3次予選のイラク戦に向けたメンバー23名からは外れた。
引用元:加藤恒平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E6%81%92%E5%B9%B3

PFCベロエ・スタラ・ザゴラ(ブルガリア語: Професионален футболен клуб Берое Стара Загора, 英語: Professional Football Club Beroe Stara Zagora)は、ブルガリアのスタラ・ザゴラをホームタウンとするサッカークラブ。
引用元:PFCベロエ・スタラ・ザゴラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/PFC%E3%83%99%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%82%B4%E3%83%A9