リオ・跳馬で銅メダル「白井健三」


2016年のリオデジャネイロ五輪で
体操の白井健三が銅メダルを
獲得した種目は跳馬である
◯(答)
62%


体操選手の白井健三らにちなみ
「シライ・キム」と命名された
体操の技「伸身ユルチェンコ3回
ひねり」は跳馬の技である
◯(答)
×床運動
引用元:跳馬「シライ・キム」床「シライ・グエン」 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/35401/

リオデジャネイロ・オリンピック11日目の8月15日、体操男子個人種目別跳馬決勝で白井健三(19)が15.449で銅メダルを獲得した。金メダルは15.691を出した2015年世界選手権・優勝のリ・セグァン(北朝鮮)が、銀メダルは15.516でロンドン・オリンピック2位のデニス・アブリャジン(ロシア)が獲得した。

>3人目に登場した白井は1本目、自身の名前がついた「シライ/キム・ヒフン」にさらにひねりを半分加えた新技・伸身ユルチェンコ3回半ひねりに挑戦し、成功と認められた。演技構成の難度を示すDスコアはシライ/キム・ヒフンが6.000なのに対し、新技は男子最高となる6.400。姿勢を美しく保つことで出来栄えを評価する実施点Eスコアも9.433となり、合計15.888とした。共同通信によると、今後この新技は、「シライ2」と命名される見通しだ。
引用元:白井健三が銅メダル 新技は「自分でも感動すると思う」 男子体操跳馬【リオオリンピック】 http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/15/kenzo-shirai-rio-vault_n_11527008.html