トニ・エリアス


2010年に、ロードレース
世界選手権に新設された
Moto2クラスの初代王者となった
スペイン人ライダーは?
ス・ニリアエト
トニ・エリアス(答)
Antonio “Toni” Elias Justicia
18%


2009年のロードレース世界選手権
250ccクラスで年間総合優勝
青山博一
あおやまひろし(答)

アントニオ・”トニ”・エリアス・フスティシア(Antonio “Toni” Elias Justicia、1983年3月26日 – )は、スペイン・カタルーニャ州出身のオートバイレーサー。バルセロナ県バージェス(Bages)郡のマンレザ生まれ。身長163cm、体重57kg[1]。
2010年のロードレース世界選手権Moto2クラスチャンピオン。
引用元:トニ・エリアス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9

青山 博一(あおやま ひろし、1981年10月25日 – )は、千葉県市原市出身のオートバイレーサー。2003年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオン、2009年ロードレース世界選手権250ccクラスチャンピオン。最高峰MotoGPクラスを4年間走り、現在はHRC(ホンダ・レーシング)のテストライダー。弟は現オートレース選手の青山周平。
引用元:青山博一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E5%B1%B1%E5%8D%9A%E4%B8%80