ホセ・マヌエル・「レイナ」


2015年7月にバイエルン・
ミュンヘンからナポリに
移籍したスペインのGKは
ホセ・マヌエル・◯◯◯?
グンフ
レミナ
セハト
レイナ(答)
「ホセ・マヌエル・レイナ」


2007-2008シーズンのトルコリーグ得点王で、トルコの2008年欧州選手権ベスト4に貢献した選手は◯◯◯・シェンテュルク?
セミフ(答)

ホセ・マヌエル・レイナ・パエス(José Manuel Reina Paez, 1982年8月31日 – )は、スペイン・マドリード州マドリード出身のサッカー選手。SSCナポリ所属。ポジションはゴールキーパー。
愛称は「ペペ(Pepe)」。父ミゲル・レイナはFCバルセロナ、アトレティコ・マドリードなどに所属した元スペイン代表ゴールキーパー。

>PKストッパー[編集]
ビジャレアルCFに所属していた2004-05シーズンには、62.5%(8本中5本をセーブ)という高いPKストップ率を記録した。2006年のFAカップ決勝ウェストハム・ユナイテッドFC戦では3本のPKを止め、優勝の立役者となった[6]。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準決勝チェルシーFC戦ではアリエン・ロッベンとジェレミ・ヌジタップのPKを止めた。
2010年の2010 FIFAワールドカップ準々決勝パラグアイ戦では、正ゴールキーパーのカシージャスに相手FWオスカル・カルドソのPKの癖を教え、カシージャスのPKストップを陰から支えた。「キッカーが助走を取ってボールをインパクトする瞬間まで、どれだけ自信を持っていられるか。PKでは、ゴールキーパーが強い気持ちを保つことが重要なんだ」とインタビューに答えている[6]。
引用元:ホセ・マヌエル・レイナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%8A

セミフ・シェンテュルク(Semih Şentürk, 1983年4月29日 – )は、トルコ・イズミル出身のサッカー選手。元トルコ代表。ポジションはフォワード。
フェネルバフチェでは、なかなかスタメン出場もできない状況が長らく続いていた。しかし、2007-08シーズンでは頭角を現し、通算17ゴールを挙げ、そのシーズンのスュペル・リグ得点王に輝いた。
UEFA EURO 2008ではグループリーグスイス戦や、準々決勝クロアチア戦、さらに準決勝ドイツ戦において、劣勢の中で劇的な同点ゴールを挙げ、その勝負強さを遺憾なく発揮した。結果的に同大会ではチームトップの3得点を挙げ、トルコのベスト4進出に貢献した。
引用元:セミフ・シェンテュルク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%AF