「ドバイターフ優勝」アドマイヤムーン(2007)ジャスタウェイ(2014)リアルスティール(2016)ヴィブロス(2017)


2016年3月にドバイ国際競争
ドバイターフで優勝した競走馬は
ドゥラメンテである
×(答)
◯40%

本記事では、日本の競馬における日本調教馬の日本国外への遠征について述べる。

ドバイシーマクラシック[ソースを編集]
1998年にドバイターフクラシックの名で、ナド・アルシバ競馬場の芝2400メートルの競走として創設され、2000年に国際G2、2002年に国際G1に昇格、2000年にドバイシーマクラシックに改称[169]。2010年からはメイダン競馬場の芝2410メートルで行われている[181]。日本調教馬は3勝している(2001年ステイゴールド[182]、2006年ハーツクライ[183]、2014年ジェンティルドンナ[184])

ドバイターフ[ソースを編集]
1996年にドバイデューティーフリーの名でナド・アルシバ競馬場のダート2000メートルの競走として創設され、1999年に国際G3、2001年に国際G2、2002年に国際G1に昇格、2015年に名称がドバイターフへ変更された[169]。2000年からは芝1800メートル、2002年からは芝1777メートルで行われ、2010年からはメイダン競馬場の芝1800メートルで行われている[169]。日本調教馬は3勝している(2007年のアドマイヤムーン[188]、2014年のジャスタウェイ[189]、2016年のリアルスティール[190])
引用元:日本調教馬の日本国外への遠征 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%BF%E6%95%99%E9%A6%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E5%A4%96%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%A0%E5%BE%81

ドゥラメンテ (Duramente[4]) は、日本の競走馬。2015年の皐月賞、東京優駿(日本ダービー)の勝ち馬である。
生涯成績9戦5勝2着4回と、わずか9戦ながら1度も連対を外すことはなく、高い安定感を誇った。
引用元:ドゥラメンテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86

リアルスティールは日本の競走馬。主な勝ち鞍は2015年共同通信杯(GIII)、2016年ドバイターフ(G1)[5]。馬名の由来は米国のSFアクション映画から[2]。
引用元:リアルスティール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB