田辺清、桜井孝雄、森岡栄治、村田諒太


次のボクシング選手を
五輪でメダルを獲得したのが
早い順に選びなさい
田辺清
桜井孝雄
森岡栄治
村田諒太
53%

田辺 清(たなべ きよし、1940年10月10日 – )は、日本の元プロボクサー。青森県青森市出身。ローマオリンピック(1960年)のフライ級銅メダリスト。不運な判定により五輪金メダルを懸けた決勝進出を妨げられ[1]、プロ転向後は技術とパワーのバランスの取れた逸材として世界王座を嘱望されたが、世界挑戦を前に網膜剥離を発症し無敗のまま引退。「悲劇のボクサー」と呼ばれた。
引用元:田辺清 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E6%B8%85

桜井 孝雄(さくらい たかお、男性、1941年9月25日 – 2012年1月10日)は、日本の元アマチュアボクシング選手・プロボクサー。千葉県佐原市(現・香取市)出身。中央大学卒業。1964年東京オリンピック・バンタム級金メダリスト。OBF東洋バンタム級王者。
天性の勘と磨かれた技術、優れたフットワークを持ち、金メダリストとして鳴り物入りでプロ入りしたものの、ボクシングに対しクール過ぎる性格が災いし「安全運転」と称された消極的ボクシングを展開。当時のプロのバンタム級はファイティング原田やルーベン・オリバレスらが王座を保持して世界の壁が厚く[2]、これを突破することはできなかった。しかし、2012年に村田諒太がロンドン・オリンピックのミドル級で金メダルを獲得するまでの48年間[3]、アマチュアボクシングでは五輪のみならず世界選手権を合わせても唯一の日本の金メダリストであり、アマチュアボクシング界に残した功績は大きかった[4]。
引用元:桜井孝雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E5%AD%9D%E9%9B%84

森岡 栄治(もりおか えいじ、男性、1946年6月8日 – 2004年11月9日)は、日本のプロボクサー。大阪府大阪市大正区出身。メキシコシティオリンピックボクシングバンタム級の銅メダリスト。
引用元:森岡栄治 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%A0%84%E6%B2%BB

村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 – )は、日本のプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。
マッチメイクは帝拳プロモーションとトップランク社が担当している。セコンドを務めるのは、トレーナーでユリオルキス・ガンボアや井岡一翔などを指導したことがあるイスマエル・サラス、カットマン担当のミゲール・ディアス、アシスタントの葛西裕一の3名。
引用元:村田諒太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E7%94%B0%E8%AB%92%E5%A4%AA