「マックス・チルトン」デビューから25戦完走 マルシャ


2010年からGP2に参戦
2013-14年にマルシャから参戦
デビューから25戦連続完走
イギリス人F1レーサー
ジュール・ビアンキ
シャルル・ピック
エステバン・グティエレス
マックス・チルトン(答)


フランス人レーサー
2009年のユーロF3王者
2010年はGP2に参戦
フェラーリのテストドライバー
ジュール・ビアンキ(答)

連想
メキシコ人レーサー
2009年はユーロF3に参戦
2010年に初代GP3王者を獲得
ザウバーのテストドライバー
エステバン・グティエレス(答)

マックス・アレキサンダー・チルトン(Max Alexander Chilton, 1991年4月21日 – )はイギリス・サリー州出身のレーシングドライバー。父親グレアムは、2012年現在エーオンの副社長[1]。兄トムは2014年現在WTCCに参戦するレーシングドライバー。

2012年のF1日本GPよりマルシャF1チームのリザーブドライバーに昇格し[2]、アブダビGPでは金曜フリー走行1回目に出走した。
2013年はレギュラードライバーに昇格した[3]。予選、決勝共に同じ新人のチームメイトのジュール・ビアンキに遅れをとる場面がほとんどだったが、後半からは予選タイムもかなり近づき、決勝では勝つこともたまに出来るようになるなど、進歩を見せた。またこの年は新人ドライバーとしてはF1史上初めて、シーズン全てのレースで完走を果たした。
2014年もマルシャに残留[4]。開幕から相変わらずの安定感で完走を続けていたが、第7戦のカナダGPの1周目にチームメイトのビアンキとクラッシュを喫してしまい、デビューからの連続完走記録は25戦でストップとなってしまう。
引用元:マックス・チルトン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3