「1989年日本GP」鈴木亜久里予選落ち、ナニーニ優勝


鈴木亜久里は予備予選落ち
中嶋悟はリタイア
セナとプロストが47週目に接触
セナの失格によりナニーニが優勝
1989年・日本GP(答)
1988年・日本GP
1990年・日本GP
1991年・日本GP
38%


中嶋悟は惜しくも7位
カペリが2位を快走
鈴木亜久里がデビュー
セナが初の世界王者に決定
1988年・日本GP(答)

連想
中嶋悟が6位入賞
ベネトンが1-2フィニッシュ
セナとプロストが1周目に接触
鈴木亜久里が3位表彰台に
1990年・日本GP(答)

連想
コローニから服部尚貴が参戦
セナがベルガーに優勝を譲る 
マンセルが10週目でリタイア
中嶋悟の元チームメイトの引退レース
1991年・日本GP(答)


次のエフワンレーサーを
チームメイトになったことがある
日本人選手ごとに
グループ分けしなさい

中嶋悟鈴木亜久里片山右京
ジャン・アレジ
ステファノ・モデナ
ミケーレ・アルボレート
マーク・ブランデル

049ydKtXYu
次のエフワンレーサーを
1990年に所属したチームごとに
グループ分けしなさい

マクラーレンフェラーリティレル
中嶋悟
アラン・プロスト
ジャン・アレジ
アイルトン・セナ

引用元:マクラーレン「アイルトン・セナ」フェラーリ「アラン・プロスト」ティレル「中嶋悟」「ジャン・アレジ」 「中嶋一貴」中島悟の長男 ウィリアムズでデビュー「中嶋大祐」次男 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/1697/

日本グランプリ(にほんグランプリ または にっぽんグランプリ、英語: Japanese Grand Prix)は、日本で開催される自動車レースの名称である。国内自動車レース界における最高位のレース(グランプリ)とされる。

>1988年 ★
このレースまでにシーズン14戦13勝を挙げていたマクラーレン・ホンダのチームメイト、アイルトン・セナとアラン・プロストの間でチャンピオンが争われた。ポールポジションのセナはスタートを大失敗したが、猛烈な追い上げでポジションを挽回。28周目にプロストをかわして優勝し、自身初のチャンピオンを獲得した。レース後、セナは「スプーンカーブで神を見た」と発言した。
また、マーチのイヴァン・カペリが非力なNAエンジンを搭載しながらも、プロストを抜いて1周のみラップリーダーを記録した。

>1989年 ★
セナ対プロストの鈴鹿決戦第2幕。先行するプロストに対してセナが47周目のシケインで仕掛けたが、プロストが譲らず両者は接触。セナはトップチェッカーを受けたが、シケイン不通過により失格となり、プロストの3度目のチャンピオンが決まった。繰り上がり優勝となったアレッサンドロ・ナニーニは、これがF1唯一の勝利になった。

>1990年 ★
セナ対プロスト3度目の対決は、スタート直後の1コーナーでセナがプロストにぶつかり、両者リタイアでセナの2度目のチャンピオンが決定した(後にセナ自身が故意に衝突したと発言)。ベネトンがワンツー・フィニッシュを果たし、鈴木亜久里が母国で日本人として初の表彰台(3位)を獲得した。

>1991年 ★
セナとマンセルのチャンピオン争いとなったが、マンセルが10周目の1コーナーでコースアウトしてリタイアしたため、セナの2年連続3回目のチャンピオンが決定した。セナは最終ラップのゴール直前にチームメイトのベルガーを先行させ、勝利を譲った。この年限りで引退を表明していた中嶋はサスペンショントラブルのためリタイアした。
引用元:日本グランプリ (4輪) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA_(4%E8%BC%AA)