「NOAH’S ARK」ノアの箱舟


プロレス団体・ノアの
公式ファンクラブの名前は
「NOAH’S ◯◯◯」?
◯を答えなさい
ARK(答)
35%


世界最古の叙事詩
『ギルガメシュ叙事詩』に
登場する、船で洪水を逃れ
不死となった人物は?
トィシナピテュムウ
ウトナピシュティム(答)
Utnapishtim


スピーカー「スワン」シリーズの
開発や、「方舟」と呼ばれる
AVルームの建設で名高い
オーディオ評論家は?
川男菅長岡
郎野三江鉄
長岡鉄男(答)

011NSmxROk
旧約聖書に出てくる
「ノアの方舟」に乗っていた
人間は全部で何人?
6人
2人
8人(答)
4人

CIMG2169
ノアの方舟で有名な『旧約聖書』
の登場人物ノアの3人の息子は
セム、ハムと○○○?
○を答えなさい
ヤペテ(答)
引用元:ノアの方舟8人「ノア夫婦・息子3人(セム・ハム・ヤペテ)夫婦」 「エサウ」イサクの息子・長子の権利を放棄 「ラザロ」蘇生 「バラバ 」恩赦 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/16478/

プロレスリング・ノアは、日本のプロレス団体。運営事業者はノア・グローバルエンタテインメント株式会社。以前の運営事業者は株式会社プロレスリング・ノア(現在の運営事業者に事業譲渡後に社名を株式会社ピーアールエヌに改称)[3]。

旧約聖書の創世記に登場する人物(詳しくは「ノア」を参照)。ロゴマークには創世記の中でオリーブの葉をくわえて戻り嵐が終わったことを知らせた鳩が使われている。聖書に由来する単語を用いてはいるが宗教的な意図は無い。
単発興行のタイトルは「DEPARTURE(出航)」、「GREAT VOYAGE(偉大な航海)」、シリーズ名には「NAVIGATION(航海)」(2008年より「NAVIG」と略して表記)というタイトルが用いられて運営は航海に擬えられている。
ファンクラブ名は「ノアの方舟」を意味する「NOAH’S ARK」。
引用元:プロレスリング・ノア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%82%A2

ノアの方舟(ノアのはこぶね、英語: Noah’s Ark)は、旧約聖書の『創世記』(6章-9章)に登場する、大洪水にまつわる、ノアの方舟物語の事。または、その物語中の主人公ノアとその家族、多種の動物を乗せた方舟自体を指す。「はこぶね」は「方舟」のほか、「箱舟」「箱船」などとも記される[1]。
『クルアーン』にも類似の記述があり、「ヌーフの方舟」と呼ばれる(11章 フード)[2]。
引用元:ノアの方舟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%81%AE%E6%96%B9%E8%88%9F

『ギルガメシュ叙事詩』(ギルガメシュじょじし)は、古代メソポタミアの文学作品。実在していた可能性のある古代メソポタミアの伝説的な王ギルガメシュを巡る物語。人間の知られている歴史の中で、最も古い作品の1つ[1]。
『ギルガメシュ叙事詩』というタイトルは近代学者により付けられたもので、古来は作品の出だしの言葉を取って題名とする習わしがあったことから『すべてを見たるひと』と呼ばれていた[1]。
以下より特にアッカド語に基づいて呼称、また『ギルガメシュ叙事詩』を「叙事詩」と略称。
人物およびそれに基づく作品等については「ギルガメシュ」を参照

ウトナピシュティム〔シュメール名:ジウスドラ[7]〕(Utnapishtim)
『大洪水伝説』の主人公。エアの教えで箱舟を作り、少しの人類と動物たちを乗せ大洪水から逃れた。この功績が認められ神々から不死の体を与えられる。ウトナピシュティム/ジウスドラという名は「生命を見た者」[15]、アトラハシスは「賢き者」の意[16]。
引用元:ギルガメシュ叙事詩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%8F%99%E4%BA%8B%E8%A9%A9

長岡 鉄男(ながおか てつお、1926年(大正15年)1月5日 – 2000年(平成12年)5月29日)は、日本のオーディオ評論家。

東京府(現:東京都)出身。初めは放送・コント作家であったが、1959年(昭和34年)頃からオーディオ評論家として活動。作家ならではの筆力とユーモアあふれる文章でメーカーに媚びない辛口の批評を書くことによって人気を博した。コストパフォーマンスを重視した廉価製品の評価、自作スピーカーの工作記事およびソフト紹介(主に外盤)でも知られ、生涯に600種類もの自作スピーカーの設計を発表、生涯に保有したレコード、CD、LDの数は総計5万枚に及ぶ。
晩年には究極のホームシアタールームを実現するため、埼玉県越谷市の自宅に「方舟(はこぶね)」と自称する建物を建てて話題となった。レコード評論家としても有名であった。趣味はアンティークカメラの蒐集。

>1987年(昭和62年)、自宅の隣にホームシアター目的の建造物「方舟」を建造。土地の形に合わせて設計したため外観と部屋は五角形となった。遮音・防振のために分厚い鉄筋コンクリートの床と壁に囲まれた建造物である。ほどなく、評論活動のための試聴の場も母屋からこの「方舟」に移った。
1992年(平成4年)、「スーパースワン」発表(1986年(昭和61年)から始まったスワン系スピーカーの一つ)。
2000年(平成12年)、持病の喘息の悪化により74歳で死去した。
引用元:長岡鉄男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B2%A1%E9%89%84%E7%94%B7