奥寺康彦、長谷部誠、大久保嘉人、香川真司


ドイツのブンデスリーガ1部で
優勝を経験したことがある
日本のサッカー選手を
フルネームで1人答えなさい
おくでらやすひこ(答)奥寺康彦
かがわしんじ(答)香川真司
はせべまこと(答)長谷部誠
おおくぼよしと(答)大久保嘉人
71%

ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では[1]世界第1位のプロサッカーリーグである。
1部と2部はDFL(Deutsche Fußball Liga、ドイツサッカーリーグ機構)が運営しており、3部はDFB(Deutscher Fußball Bund、ドイツサッカー連盟)が直接運営している。そのため、上位2リーグの正式名称が1. Bundesliga(エアステ・ブンデスリーガ)と2. Bundesliga(ツヴァイテ・ブンデスリーガ)であるのに対し、3部は3. Liga(ドリッテ・リーガ)となっていてその違いを反映させている。通常、「ブンデスリーガ」と言えば1部リーグのことを指すことが多い。
引用元:サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC_(%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84)

奥寺 康彦(おくでら やすひこ、1952年3月12日 – )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者。日本代表。秋田県鹿角市出身[2]。株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)取締役会長。

1.FCケルン時代[ソースを編集]
同年10月ドイツへ渡り、10月7日に1.FCケルンと契約を交わし正式に入団。12日にはブンデスリーガのベンチ入りを果たし、10月22日、対MSVデュースブルク戦で先発デビューを飾った[9]。
12月20日に行われたドイツカップ準々決勝、シュバルツバイス・エッセン戦で初ゴール(2得点)、ブンデスリーガでは1978年4月8日のカイザースラウテルン戦で初ゴールを記録。名将・バイスバイラーの下で数々の活躍をみせ、1977-78シーズンのリーグ優勝とドイツカップ優勝の二冠に貢献した。優勝を決めた試合では途中出場ながら2ゴールを挙げた。
引用元:奥寺康彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%AF%BA%E5%BA%B7%E5%BD%A6

香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 – )は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー[2]、フォワード[3]。

>しかし、2011年1月のアジアカップでの負傷により、ドルトムントの9シーズンぶりのリーグ優勝の瞬間をピッチで迎えることはできなかった。それでも、5月14日のブンデスリーガ最終節アイントラハト・フランクフルト戦の後半43分にサポーターのカガワコールに迎えられ、約4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。シーズン後半はこの1試合の出場に留まったものの、シーズン終了後にキッカー誌が選定したブンデスリーガの年間ベストイレブンに名を連ねた[29]。
引用元:香川真司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%9F%E5%8F%B8

長谷部 誠(はせべ まこと、1984年1月18日 – )は、静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。サッカー日本代表。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。妻はタレントの佐藤ありさ。

>移籍2シーズン目となる2008-09シーズンは前シーズンまでのボランチに加え、右サイドハーフ、右サイドバックでもプレー。2009年3月28日に行われた南アフリカワールドカップ・アジア最終予選バーレーン戦の試合中の故障により、優勝争いも佳境に迫ったリーグ終盤戦に一時離脱するアクシデントがあったものの、クラブのドイツ国内主要大会初優勝に貢献した。このシーズン途中に移籍してきた大久保嘉人とともに、奥寺康彦以来31年ぶりにブンデスリーガ優勝を経験した日本人となった。
引用元:長谷部誠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0

大久保 嘉人(おおくぼ よしと、1982年6月9日 – )は、福岡県京都郡苅田町出身の[3][4]サッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。元日本代表。ポジションは主にフォワード(FW)[5][1]。史上初の3年連続Jリーグ得点王(2013年 – 2015年)。J1通算最多得点記録保持者。
2015年からMr.Childrenやナオト・インティライミらが立ち上げた芸能事務所であるエンジンとマネージメント契約を結ぶ[6]。

>2008-09年度シーズンにおいて、長谷部誠と共にクラブ史上初となるドイツ国内主要サッカー大会[注 6]初優勝達成を経験したが、大久保自身は、ポジションの重なるグラフィッチやエディン・ジェコが好調で[59][注 7]彼ら大柄な選手に合わせたサッカーが展開されていたこともあって[51]、出場機会は乏しかった[59]。自身を評価するマガトの退任と[56]ワールドカップ出場を見据え[59]、1シーズンでの退団を決断。
引用元:大久保嘉人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%98%89%E4%BA%BA