「31」イチローNY時の背番号


イチローがヤンキース所属時に
付けていた背番号は◯◯?
◯を答えなさい
31(答)
62%

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日[1] – )は、愛知県西春日井郡豊山町出身[2][3]のプロ野球選手(外野手)。マイアミ・マーリンズ所属[1]。血液型はB型[5]。MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり[6][7]、プロでの通算安打世界記録保持者(4257安打でギネス世界記録に認定[7])でもある[7]。
2017年現在、オリックス・ブルーウェーブに所属していた唯一の現役選手である。

背番号[編集]
プロ入り後に背番号「51」をつけることになったきっかけについては、豊田章男との対談の中で、自分はドラフト4位で入ったので背番号を選べる立場ではなく、オリックスから与えられた番号だったと明かしている[205]。レギュラーとして定着した1994年のオフに、オリックスから背番号変更を打診された(当時レギュラー選手は若い番号をつける傾向があったため)。しかし、せっかくファンの人に覚えてもらった番号なのだからと51番をつけ続けた。MLB移籍後も長年51番だったが、2012年のヤンキース移籍の際はバーニー・ウィリアムスに敬意を表して、彼がメジャーデビューから引退までつけていた51番(当時は準永久欠番扱い、2015年より永久欠番)を避け、「31」を選択した。31番を選んだ理由については、会見の席で「フィーリングでしょうね。「1」が欲しかったというのはあります。響きとサインを書いた時のバランスとかで」と話した[55]。2015年のマーリンズ移籍後は再び51番をつけている。
なお、イチロー退団後のオリックスおよびマリナーズで背番号「51」をつけた者はいない。
引用元:イチロー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%BC